肺がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

肺がん 「肺」という臓器について
肺は呼吸をするための臓器で左右に一対あり、内部は細い毛細血管が張り巡らされています。
「肺がん」について
肺がんは日本人のがんの死亡原因の第一位となっており、年間約7万人が肺がんで亡くなっています。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

肺がんとは・肺がんの基礎知識

日本人の死亡原因の第1位はがん(悪性腫瘍)ですが、肺がんはがんによる死亡原因の第1位になっています。つまり、日本人は肺がんで亡くなる方が最も多いということが言えます。肺がんが1位に......

続きを読む →

肺がんの種類と分類

肺がんにはできたがんを顕微鏡で見た時の形によって、小細胞がん・腺がん・扁平上皮がん・大細胞がんの4種類に分けられます。小細胞がんは進行は早いのですが抗がん剤や放射線が効きやすいと......

続きを読む →

肺がんの原因とリスク

肺がんになるもっとも大きな原因は喫煙(たばこ)です。たばこの煙には約4000種類の化学物質が含まれ、そのうち200種類以上は有害物質が含まれています。肺は直接たばこの煙が出入り......

続きを読む →

肺がんの症状~こんな症状には要注意~

肺がんの症状には2種類あり、肺にがんが発生しそれが直接的な原因により生じる症状と、肺に発生したがんが他の臓器や組織に転移することによる症状があります......

続きを読む →

肺がんの検査・診察・診断

肺がんの検査では、まずは胸部X腺検査と喀痰(かくたん)細胞診の2種類の検査を行います。胸部X線検査では胸部のレントゲンをとり、怪しい影が写っていないか検査します......

続きを読む →

肺がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

肺がんのステージや進行度を調べるためには肺だけを調べるのではなく、胸部X線検査CT検査ヘリカルCT検査超音波検査(エコー)MRI検査などさまざまな画像診断技術を用い......

続きを読む →

肺がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

肺がんの治療では、がんの三大療法である"外科療法・化学療法・放射線療法"が治療の基本となります。肺にできたがんが早期の内でリンパ節などへの転移がなければ、手術により......

続きを読む →

肺がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

肺がんは通常、手術後約2週間~1か月程で退院できます。人によっては約2か月後から仕事に復帰することも可能です。しかし肺がんは再発の危険性が高く、再発の約80%が脳や骨、肝......

続きを読む →

肺がん手術後(治療後)の注意点

肺がんの手術後(治療後)に注意したいのが、肺機能の低下です。肺は呼吸をしたり、異物が入った際に咳をしたり痰(たん)を出したりして、異物を排出します。しかし肺がんの手術後には肺機......

続きを読む →

後どれくらい生きられる?肺がんの余命

肺がんは、数あるがんの中でも、予後の厳しいがんの一つです。肺は多くの毛細血管で覆われている上、全身の血液が通過する場所であるため、がんが転移しやすいことが一因と考えられま......

続きを読む →

肺がん「ステージ4」の状態とは?

肺がんのステージ4とは、脳や肝臓、骨などにがんが転移した段階で、一般的には「末期」と呼ばれます。中にはステージ4でもほとんど症状のない人もいますが、多くは原発巣のある肺の症状に加......

続きを読む →

肺や胸、お腹に症状がでる病気解説サイト

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る