肝臓がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

肝臓がん 「肝臓」という臓器について
肝臓は身体の中で一番大きい臓器で、代謝・解毒・胆汁分泌などの役割を持っています。
「肝臓がん」について
肝臓がんは転移しやすい臓器で、約9割が他の臓器からの転移が原因です。男性に多く発症します。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

スポンサーリンク

肝臓がんとは・肝臓がんの基礎知識

肝臓は、人間の身体の中で最大の臓器で、栄養の貯蔵・アルコールの分解・解毒・胆汁(消化液)の分泌など、さまざまな役割を担っています。そのため肝臓は生命の維持になくてはなら......

続きを読む →

肝臓がんの種類と分類

肝臓がんには、肝細胞がん(肝がん)と肝内胆管がんの2種類があります。この2種類はどこからがんが発生したかによって分類されています。次に肝臓にできたがんが、他の臓器から......

続きを読む →

肝臓がんの原因とリスク

肝臓がんの約90%が他の臓器から転移してきた転移性肝臓がんです。肝臓そのものからがんが発生する原発性肝臓がんは10%弱を占めます。 肝臓は下記のようなことが原因と......

続きを読む →

肝臓がんの症状~こんな症状には要注意~

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、肝臓にがんができたとしても、ほとんどの場合無症状です。そのため、発見されたときにはすでに手遅れなほど進行しているケースもあります。肝臓がんの......

続きを読む →

肝臓がんの検査・診察・診断

一般的な血液検査の中で、肝機能を測定するための項目が含まれています。肝臓の細胞が破壊されると、血液中のAST(GOT)やALT(GPT)の数値が上昇します。B型肝炎やC型肝炎ウイル......

続きを読む →

肝臓がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

肝臓がんは他の臓器から肝臓にがんが転移してきた転移性肝臓がんが約90%を占めます。肝臓の細胞からがんが発生する原発性肝臓がんは10%弱にすぎません。転移性肝臓がんの場合は......

続きを読む →

肝臓がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

肝臓がんの治療法では、外科療法・局所療法(エタノール注入療法やラジオ波焼灼療法など)・肝動脈塞栓術が治療の基本となります。肝臓は生命維持のために重要な役割を担っている......

続きを読む →

肝臓がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

肝臓がんは、他の臓器から転移してきた転移性肝臓がんと、肝臓の細胞そのものからがんが発生した原発性肝臓がんに分けられますが、転移性肝臓がんは予後(病状の見通し)が悪い傾向......

続きを読む →

肝臓がん手術後(治療後)の注意点

肝臓がんは再発する可能性が高いがんです。肝臓がんは手術後(治療後)、3~5年以内に約80%が再発するといわれています。そのため手術後(治療後)にも、定期的な検査を受ける......

続きを読む →

肝臓がんの末期(ステージ4)の状態とは?

肝臓がんのステージ4は、他の多くのがんと異なり、遠隔転移の有無だけで診断されません。腫瘍の個数や大きさ、血管やリンパ節転移の有無などのさまざまな情報を総合した上で診断されること......

続きを読む →

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る