喉頭がんの原因とリスク

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

喉頭がんは下記のようなことが原因とリスクになると考えられています。

  • 喫煙(たばこ)
  • 飲酒
  • 高齢
たばこ

喉頭がんの最大の発生リスクは喫煙(たばこ)です。

喉頭がんは患者のほとんどがヘビースモーカーで、喉頭がん患者の喫煙率は90%を超えるともいわれています。

たばこを吸う人と吸わない人を比べると、喉頭がんになる確率は男性で約30倍、女性で約5倍上がるといわれています。

喉頭がん患者の男女比は、男10:女1と、男性が圧倒的に多いのですが、これは男性の方が喫煙率が高いことが理由となっています。

しかし近年、男性の喫煙率は下がってきていますが女性の喫煙率は上がってきていますので、女性の喉頭がん患者が増加傾向にあります。

また、飲酒も喉頭がんの発生リスクを高めるといわれており、お酒をよく飲む地域には喉頭がん患者が多いという傾向がみられます。

喉頭がんは60歳以上の高齢で発症しやすいがんですが、高齢になると喫煙期間も長くなるため、喉頭がんを発症する確率が上がることが理由です。結局はたばこが原因となっています。

スポンサーリンク

喉頭がんは喉を傷めすぎるのが原因

喉

喉頭がんの発症には様々な原因が考えられますが、その大きな原因のひとつに喫煙があります。

喉頭がん患者の90%以上が喫煙者であるといわれ、1日に10本以上吸う人の数がその多数を占めます。

喉頭がん患者に男性が多いのは、この喫煙が原因だと考えられていますが、以前と比べて煙草を吸う女性が増えてきているため、喉頭がん患者の女性の割合は今後増えていくだろうと予測されています。

もうひとつの大きな原因が飲酒です。強いお酒を頻繁に飲む地域には、喉頭がん患者が多いと言われています。

酒以外にも、熱いものや辛いものなど、喉に刺激となるものは喉頭を傷める要因になりますので、刺激が強い飲食物を頻繁に取ることも喉頭がん発症の一因と言われています。

大きな声を出すことも喉頭がんの原因と考えられています。喉を酷使する歌手に喉頭がん患者が多いのも、常に大きな声を出す環境にいるからだと言われています。

歌手でなくても、カラオケが好きでよく歌いにいく人や、スポーツ観戦などで大声で応援する人なども注意が必要です。大声を出し過ぎて声が枯れ、数日経っても治らない場合には、医師の診察をお勧めします。

また、近親者に喉頭がん患者がいると、そうでない人より発症リスクが高いと言われています。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | 喉頭がん
  2. がん研有明病院 がんに関する情報 喉頭がん
  3. 国立がん研究センター がんの統計’15
  4. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 喉頭がん
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る