膀胱がんの治療法~標準治療から最新治療法まで~

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

膀胱がんの代表的な治療法は下記です。

  • 内視鏡療法
  • 外科療法
  • 化学療法
  • 放射線療法
膀胱がんのステージ別治療法

内視鏡療法

経尿道的腫瘍切除術

膀胱にできたがんがステージ0期の早期の場合で、がんの種類が表在がん(乳頭がん)の場合には、開腹手術ではなく内視鏡療法にて治療が可能です。

尿道口から内視鏡を膀胱内にまで挿入し、内視鏡の先端から高周波電流を流し、がんの病巣部位を焼き切ります。(経尿道的腫瘍切除術)

その後、結核ワクチンで有名なBCGを膀胱内に注入することで、がんの再発を防ぎます。(BCG膀胱内注入療法)

経尿道的腫瘍切除術とBCG膀胱内注入療法が、膀胱がんの標準治療となっています。開腹しないので患者の肉体的負担が少なく、根治も期待できる治療法です。

外科療法

手術

膀胱がんがステージI期以降の場合は、膀胱をすべて切除する膀胱全摘除術が基本となります。膀胱を一部切除する膀胱部分切除術は、再発の可能性が高いため、現在ではほとんど行われていません。

膀胱全摘除術では、再発や転移の可能性を少なくするため、膀胱および・前立腺・精嚢・骨盤内リンパ節・尿道・子宮(女性の場合)なども同時に切除します。

膀胱をすべて切除するため、尿を一時的に貯めておく機能が失われるため、新しい尿の経路をつくる尿路変更術が行われます。

尿路変更術

尿路変更術では、小腸の一部を利用して下腹部に尿の排出口(ストーマ)を造設する回腸導管増設術、腸の一部を袋状にし膀胱の代わりとする導尿型新膀胱造設術、腸の一部を袋状にして本来の尿道とつなぎ、自然な排尿をする自排尿型新膀胱増設術などがあります。

近年普及しているのは自排尿型新膀胱増設術ですが、再発する危険性や排尿機能が安定しない場合もありますので、患者の状態に合わせて最適な尿路変更術が選択されます。

化学療法

抗がん剤

膀胱がんの治療においては、化学療法は手術前手術後や、転移や再発予防のために行われます。膀胱に直接抗がん剤を注入する膀胱内注入療法と血管投与があります。

膀胱全摘術の前や術中に抗がん剤を投与することにより、手術を単独で行うよりも治療効果が高くなることがわかっています。

特に膀胱がんで用いられる化学療法では、メトトレキサートビンブラスチンドキソルビシンシスプラチンという4種類の抗がん剤を使用した後で、膀胱全摘術を行うM-VAC療法が行われることがあります。

放射線療法

膀胱がんの治療において放射線療法は、ステージ2期以降の浸潤がんに対して行われます。

膀胱がんの場合には、放射線療法と化学療法を併用することで、外科療法と同等の治療効果が期待できるとされています。

日々進化するがん治療

膀胱がんの外科療法の多くは、尿道から入れた電気メスで切除します。10%程度の割合で悪性度の高いがんが生じている患者がいますが、その場合は膀胱全摘手術が行われます。

膀胱が全摘出された後は、人工膀胱か体内膀胱再建が行われます。早期がんは、がんが粘膜から粘膜下層までで留まっているもので、内視鏡を尿道から膀胱内に入れ、電気メスで膀胱にできた腫瘍を切除する「経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)」が一般的な治療となります。

表在性がんの場合は基本的に開腹せずに、下半身麻酔でTURBT処置します。しかし、TURBTを行っても患者の半数以上は再発すると言われており、繰り返し治療が必要な他、結核予防ワクチンBCGを利用した膀胱内注入療法という免疫療法がおこなわれるのが普通です。

膀胱内注入療法は、TURBTで取りきれなかった小さながん細胞をBCGで殺すことができ、膀胱がんの再発防止に大きな効果があると言われています。

進行がんは、筋肉層から脂肪層まで湿潤したもので、膀胱全摘手術に再発防止のための膀胱へのBCG注入、放射線療法、化学療法を用いて治療します。

腫瘍が筋層にまで及んでいる場合は膀胱摘出が原則ですが、TURBT後放射線療法と化学療法を併用し、胱温存療法を取る場合もあります。

また、膀胱を摘出した後、患者の腸を使って新しい膀胱を作るという画期的な新膀胱造設手術も一部の病院で行われています。日々進歩しつつあるがん治療は、様々な選択肢が増えてきています。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | 膀胱がん
  2. 公益財団法人 日本医療機能評価機構 Minds 膀胱癌診療ガイドライン 2015年版
  3. がん研有明病院 がんに関する情報 膀胱がん
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 膀胱癌
  6. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る