上顎洞がんの検査・診察・診断

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

上顎洞がんの検査には下記のような検査があります。

  • 鼻腔ファイバースコープ
  • 生検(せいけん)
  • CT検査・MRI検査・超音波検査
経鼻内視鏡

上顎洞は鼻からアクセスすることはできませんが、がんが鼻の穴の奥である鼻腔(びくう)にまで進行していると、鼻腔ファイバースコープで確認できることがあります。

鼻腔ファイバースコープとは内視鏡の一種ですが、細い管のため痛みはほとんどありません。

検査の結果疑わしい病変部位が発見された場合には、病変の一部を採取し、顕微鏡で調べる生検(せいけん)を行います。

鼻腔ファイバースコープで病変の一部が採取できない場合は、歯茎の一部を切開して、上顎洞から病変の一部を採取します。

この生検では、できた病変ががんであるかどうか確定診断をすることができます。

さらにがんの広がり具合や、周辺の組織、他臓器への転移の有無などを調べるため、CT検査・MRI検査・超音波検査などの画像検査を行います。

上顎洞がん診断のポイント

鼻

初期段階の上顎洞がんが上顎洞内に限局している段階では無症状であることが多いため、ごくありふれたような症状だと思っても、少しの違和感に気付いたら耳鼻咽喉科などを受診することが重要です。

初期の上顎洞がんは、片側のみの鼻詰まり、悪臭がする出血を伴う鼻汁、歯が痛んでいるが歯科医を受診しても改善しないなどの症状があります。

アレルギー性の鼻詰まりは両方の鼻腔が詰まりますが、上顎洞がんの場合は腫瘍のせいで鼻が詰まるため、片側のみが詰まるのが特徴です。

また鼻汁も、アレルギー性のものであればさらさらとした透明に近い色のものですが、上顎洞がんの場合は悪臭がある粘り気があって黄色い鼻汁となるため、そのような症状がでた場合は早めに専門医を受診することをおすすめします。

上顎洞がんが進行すると、頸部や顔面(頬部分)が腫れあがり、硬口蓋部分や頬部分に疼痛が出てきます。また眼球が突出してくる、複視などの視覚障害が出る、頸部リンパ節が腫れてくるなどの症状がでてきます。

このような症状がでる頃には、上顎洞がんはかなり進行してしまっている場合が多くなります。

進行し続けると、腫瘍部分は大きく肥大して頬骨を突き破るほどまでの大きさになり、肥大した腫瘍から起こる出血が脳の神経を圧迫し、最悪の場合死に至ることがあります。

参考文献

  1. がん研有明病院 がんに関する情報 上顎がん
  2. どい耳鼻咽喉科 上顎洞がんについて
  3. がんプロ.com 上顎がん
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 頭頚部がん
  6. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がん情報サイト「オンコロ」
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る