上顎洞がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

上顎洞がん 「上顎洞」について
上顎洞(じょうがくどう)とは、鼻の横から奥に広がっている大きな空洞のことをいいます。
「上顎洞がん」について
上顎洞がんは、蓄膿症が原因の1つとされています。非常に稀ながんです。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

スポンサーリンク

上顎洞がんとは・上顎洞がんの基礎知識

上顎洞(じょうがくどう)というのは、鼻の横から奥に広がっている大きな空洞のことをいいます。正面から見ると、鼻の横、目の下あたりにある空洞のことを指します。この空洞に......

続きを読む →

上顎洞がんの種類と分類

鼻にできるがんは、鼻腔がん・上顎洞がん・篩骨童がん・前頭洞がん・蝶形洞がんといくつか種類がありますが、その大部分(約90%)を占めるのが、上顎洞がんです。また、上顎洞が......

続きを読む →

上顎洞がんの原因とリスク

上顎洞がんの原因の大部分を占めるのが、蓄膿症(ちくのうしょう)です。蓄膿症は、上顎洞内が炎症し膿が貯まる病気ですが、適切な治療をせず、慢性的な蓄膿症に発展すると、上顎......

続きを読む →

上顎洞がんの症状~こんな症状には要注意~

上顎洞がんの症状は、鼻づまりや鼻汁など、風邪や花粉症、蓄膿症の症状と似ているため、区別がつきにくいのですが、上顎洞がんの鼻汁では、両方ではなくどちらか一方の鼻だけ詰ま......

続きを読む →

上顎洞がんの検査・診察・診断

上顎洞は鼻からアクセスすることはできませんが、がんが鼻の穴の奥である鼻腔(びくう)にまで進行していると、鼻腔ファイバースコープで確認できることがあります......

続きを読む →

上顎洞がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

上顎洞にできたがんは、進行するにしたがって周囲の組織に深く浸潤していき、上顎洞を覆っている骨や眼窩・脳・頭蓋底・咽頭にまで広がります。頸部リンパ節への転移は、約15......

続きを読む →

上顎洞がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

上顎洞がんの手術では、従来は上あごや眼球を摘出する外科療法が一般的でしたが、現在では、放射線療法と化学療法(抗がん剤)を併用することで、上あごを温存できるケースが増......

続きを読む →

上顎洞がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

上顎洞がんは、以前は上あごや眼球をすべて摘出する手術が一般的でしたが、放射線療法や化学療法の進歩により、機能を温存したまま治療をすることが可能になってきました。.....

続きを読む →

上顎洞がん手術後(治療後)の注意点

上顎洞がんの手術では、放射線療法や化学療法の進歩により、上あごや眼球を温存できるケースが増えていますが、かなり進行してしまっていると、上あごや眼球などを摘出する場合があります......

続きを読む →

鼻の症状からわかる病気一覧

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る