耳のがんとは・耳のがんの基礎知識

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

  • 耳のがんの大半が中耳にできる
  • 非常に稀ながん(頭頸部がんの約1%)
  • 中耳炎を合併することが多い

耳のしくみ・構造人間の耳は、外耳(耳介、外耳道)・中耳・内耳で構成されていますが、耳のがんの大半が中耳にできます。

外耳の耳介部にがんができることもありますが、耳のがんというよりは皮膚がんに分類されます。

耳のがんは非常に稀ながんで、患者数は非常に少なく、症例があまりありません。頭や首の頭頸部にできるがんの中でも、約1%程度しかないといわれています。

耳のがんの原因は、中耳にできた肉芽(にくげ:できもの)などの炎症性の腫瘍が、がん細胞に変異することによります。

症状は、耳の痛み・血液や膿を含んだ耳だれ・難聴・耳鳴り・耳の圧迫感・めまいなどです。進行すると、顔面の麻痺・吐き気・嘔吐などの症状が現れます。

がんの腫瘍が大きくなると、耳を除くと腫瘍を見ることができる場合もあります。

中耳炎を合併することが多く、中耳炎であるか耳のがんであるのか、診断が難しいケースがあります。

スポンサーリンク

耳のがんの見えにくさ

耳

耳の形をイメージすると、すぐに観察できる耳たぶを思い浮かべます。しかし、耳のがんと呼ばれるものは耳の穴の中にできるものを指します。

がんは悪性腫瘍(しゅよう)と呼ばれることがあります。これは、耳のがんは、耳の穴にできもの(細胞の塊)ができ、しかもそれが悪性であるということを指します。

耳のがんは、耳のなかでも中耳という場所にできます。耳のがんが厄介なのは、胃や腸のがんと同じように、なかなか見えないところにできる、ということです。

がんではなくても中耳に出来物ができたり、炎症が起こると「耳が痛い」「耳だれがする」「耳から出血がおこる」といった症状が出ます。

こうした症状や病気の基礎知識があれば、なんとなく耳が痛かったり、耳から膿が出ているという症状が起こった時に、もしかしたらこれは重い病気の前兆かもしれない、と考えて検査をすることができます。

耳のがんは外から観察できるような症状ではないため、異常があった時にすぐに病院にかかることが早期発見の近道なのです。医学の発展で、がんは治療できる病気になってきましたが、治療のためには早期発見が不可欠です。

耳のがんの基礎知識を持って、何か異常があった時にはできるだけ早く治療を受けましょう。

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る