耳のがんの症状~こんな症状には要注意~

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

耳のがんの代表的な症状は下記です。

  • 耳の痛み
  • 血液や膿を含んだ耳だれ
  • 難聴・耳鳴り・耳の圧迫感
  • めまい
  • 吐き気・嘔吐
  • 顔面麻痺・視力障害
耳

がんが耳にできると、耳の中の正常な細胞を浸潤し炎症を起こしますので、耳の痛み・血や膿の混じった耳垂れ・難聴・耳鳴り・耳の圧迫感などが現れることがあります。

身体のバランス感覚を司る三半規管が影響を受けると、めまい・吐き気・嘔吐などを生じることもあります。

がんが進行し、顔面の神経や脳にまで及ぶと、歩行障害や視力障害がみられることもあります。

スポンサーリンク

耳のがんはどうして耳だけの問題ではないのか

耳

がんのことを調べていると、浸潤(しんじゅん)という言葉が出てきます。耳慣れない言葉ですが、大雑把には次のように考えるのが良いでしょう。

まず、腫瘍(しゅよう)つまり出来物ができます。しかし、単なるできものとがん=悪性腫瘍は異なり、がんは正常な細胞に染み込んで広がっていきます。この広がっていくプロセスが浸潤です。

がん保険などに加入する際に、「上皮内がん」、「上皮内新生物」という言葉を見かけた人がいると思いますが、これは浸潤を起こしていないもののことです。

さて、がんが広がると炎症を起こします。炎症を起こせば痛みも出るでしょうし、膿も出ますし、出血もあるかもしれません。また、がん細胞が大きくなれば、正常な細胞を圧迫しますので、耳の本来の働きを邪魔することになります。

耳は聴くための器官なので、聴力が邪魔されれば難聴になることもありますし、三半規管などバランスをつかさどる部分が邪魔されれば平衡感覚に問題が生じます。

耳の奥は脳や神経に近くなってきますので、そこを圧迫されると、顔面の神経や視覚など脳や神経がつかさどる機能が邪魔されることになります。

耳の構造は、外耳、中耳、内耳と深くなっていきます。中耳では中耳炎のような状態が生じ、内耳までがんが及んでいるときには、脳や神経に影響を与えるので耳以外にも大きな問題が出る、と理解しておくと症状がわかりやすくなります。

参考文献

  1. 国立がん研究センター 希少がんセンター 聴器がん
  2. 岡山大学 聴器がん
  3. 徳島大学病院 耳鼻咽喉科
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 聴神経腫瘍
  6. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る