耳のがんの検査・診察・診断

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

耳のがんの検査には下記のような検査があります。

  • 視診
  • 耳鏡検査
  • 生検(せいけん)
  • X線検査・CT検査・MRI検査
耳の検査

耳の耳介や外耳にがんができた場合には、外から見ることができますので、医師による視診が行われます。その際、耳垂れの有無や出血・膿なども調べます。

中耳や内耳を検査するためには、アサガオの花のような形をした耳鏡(じきょう)を耳の穴に挿しこみ、医師が内部の状況を観察します。肉眼でみることが基本ですが、顕微鏡を用いる場合もあります。耳鏡検査といいます。

疑わしい病変がある場合は、病変部位の一部を採取し顕微鏡で調べる生検を行います。この検査で、がんであるかどうか確定診断ができます。

他にも、がんの広がりや転移の有無を調べるために、X線検査・CT検査・MRI検査などの画像検査を行うこともあります。

スポンサーリンク

見えない問題を見えるようにすることが重要

耳

検査には様々な種類がありますが、ポイントは、耳のがんのなかでスタンダードな中耳にできるものはなかなか視認できない、というところにあります。

外側から観察しづらいために、耳鏡のような道具や、X線検査、CT検査、MRI検査といった装置が用いられます。

耳が痛い、という問題が生じたときに病院に行く大きなメリットは、上記のような個人では使えない道具や装置を使えるという点があります。

素人では、調子が悪い、とまでは言えても、何が悪いかどこが悪いかどう悪いかということを判断することはできません。

外傷なら傷の大きさや血が出ているかどうかや表面の色などで、どれくらいひどいかということをある程度判断できるかもしれませんが、耳の穴の中ではまずわかりません。

耳のがんは非常にレアながんなので、素人判断では仮に「見えた」としても見逃してしまうかもしれません。

耳がんに限らず、目の前の症状が一体何の症状なのかということを判断するのは大事なことです。餅は餅屋ということばがありますが、病は適切な治療を求めています。

ですが、症状を正しく診断し、病状に対して適切な処置ができなければ、病気は治せません。耳に異常があるときには、病院を訪れて、検査を受けておくと安心です。

参考文献

  1. 国立がん研究センター 希少がんセンター 聴器がん
  2. 岡山大学 聴器がん
  3. 徳島大学病院 耳鼻咽喉科
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 聴神経腫瘍
  6. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る