耳のがんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

ステージ

耳のがんは非常に症例数が少ないため、病気の進み方やステージ分類が確立されていないというのが現状です。

ただし、耳のがんも他のがんと同様周囲の正常な細胞を浸潤していき、次第に転移を起こします。

中耳や内耳などにがんができると、三半規管や顔面の神経、脳などと隣接しているため、耳の痛みなどの症状のほかにも、歩行障害や視力障害がみられることがあります。

スポンサーリンク

珍しさの意味・耳のがんのステージ

耳

医療は数多くの事例と数多くの成功と数多くの失敗のもとに築かれています。

たとえば、この世の中でたった1件の病気―――つまり、あなたが人類で初めて、ある特定の病気にかかったと考えてみましょう。

まず、その病気がほかの病気と違うのかということを調べなければいけません。いろいろな病気と類似している点を探し、治療法を探します。初めての病気だと、どの病気にも当てはまりません。

どんな治療が有効かもわかりません。その病気のせいであなたが死んでしまっても、あなたの病気がどれくらい悪くて、どの治療がほかの治療よりも有効かはわかりません。

数が少ない、ということは比較が難しいということです。たくさんの人がかかっている病気はたくさんの患者さんがおり、その病気の特徴が多く知られます。どんな治療でどれくらいの人が寛解したかということもわかります。

耳がんがまだ症例が少ないせいで、どういったステージがあるかということもはっきり知られていない、というのは上のような理由からです。

浸潤や転移といったメカニズムや、どういった影響が耳に出るかという点についてはがんや耳の仕組みから明らかになっていますが、「耳」の「がん」という点では、あまり細かいことは言えないようです。

参考文献

  1. 国立がん研究センター 希少がんセンター 聴器がん
  2. 岡山大学 聴器がん
  3. 徳島大学病院 耳鼻咽喉科
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 聴神経腫瘍
  6. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る