耳のがんの治療法~標準治療から最新治療法まで~

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

耳のがんの代表的な治療法は下記です。

  • 外科療法
  • 放射線療法
  • 化学療法
相談

耳のがんの手術は、外科療法による切除が基本となります。できるだけ周囲の細胞を傷つけないように、局所的に切除します。

また、耳のがんは放射線や抗がん剤が効きやすいという性質があるため、放射線療法と化学療法を併用します。早期の段階であれば、完治するケースも多いがんです。

ただし、進行している場合は、耳の中や周辺組織まで拡大して手術をする必要があるため、予後が悪くなる傾向にあります。

スポンサーリンク

耳のがんの治療の基本

がんの治療では、三大治療と呼ばれるものが一般的に有名です。

まずは、手術。これはがんの細胞を取り除いてしまうことで治療するという治療です。

次に、抗がん剤。近年では正常な細胞を傷つけずにがん細胞だけを狙い撃ちにする抗がん剤も出てきて、新しい治療薬がたくさん出ています。そして、放射線治療。これは放射線を当てて、がん細胞を殺すという治療法です。

手術、抗がん剤、放射線―――この三つを三大治療といいます。これは耳のがんに限らず、がんの治療全体で有名なものです。

この三つの治療を、それぞれ単独で受ける場合も、組み合わせて受ける場合もあります。

たとえば、手術をするには大きすぎるがんを抗がん剤や放射線で小さくしてから切除するというものです。手術をしたくてもできない場合や、放射線を当てたくても当てられない場合―――様々な状況があります。

医者も人間であり、手術をするといっても、がん細胞を正常な細胞に悪影響を与えずにピンポイントで取り除くことが難しい場合があります。

耳の奥のがんの場合は、生活や生命維持にとって重要な役割を果たす脳や神経が関係してくるため、手術は難しくなると想像できます。

位置的に難しくなればなるほど慎重に手術を進めざるを得なくなるため、予後が悪くなるわけです。

参考文献

  1. 国立がん研究センター 希少がんセンター 聴器がん
  2. 岡山大学 聴器がん
  3. 徳島大学病院 耳鼻咽喉科
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 聴神経腫瘍
  6. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る