皮膚がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

皮膚がん 「皮膚」について
人間の身体の表面は皮膚に覆われており、表面から表皮→真皮という構造になっています。
「皮膚がん」について
皮膚がんは紫外線が最大の発生因子とされており、近年増加傾向になります。早期であればほぼ100%治ります。

皮膚がんについては、あまり身近ながんというイメージがないかもしれません。しかし、日本で皮膚がんにかかる人は、年々増加傾向にあります。

皮膚がんは早期発見できれば、ほぼ100%の確率で治ります。ですから、早く異変に気付いて病院での治療を受けることが大切です。

こちらのページでは、皮膚がんについての知識を深めていただくために、皮膚がんの種類や症状、また、治療方法などについて解説しています。

皮膚がんとは・皮膚がんの基礎知識

人間の皮膚は右のイラストのように、大きく分けて表皮・真皮・皮下組織という層構造になっています。皮膚がんのほとんどが、一番上にある表皮で発生します。日本人で最も多い......

続きを読む →

皮膚がんの種類と分類

皮膚がんにはさまざまな種類がありますが、代表的なものが、基底細胞がん・有棘細胞がん・悪性黒色腫の3種類です。 基底細胞がん 基底細胞がんは、日本人では最も多い皮膚がんで......

続きを読む →

皮膚がんの原因とリスク

皮膚がんのもっとも大きな原因となるのが紫外線(UV)です。日本は紫外線が少ない地域なので患者数も少ないのですが、オーストラリアやヨーロッパの方では、浴びる紫外線量が多......

続きを読む →

皮膚がんの症状~こんな症状には要注意~

皮膚がんはただのホクロやしみと間違えられやすいのですが、皮膚がんである場合には、特徴的な症状がみられることがあります。 皮膚がんの代表的な症状は下記です。 ホクロやしみが......

続きを読む →

皮膚がんの検査・診察・診断

皮膚は身体の表面部分にあるため、医師が視診によりがんの疑いがあると判断した場合には、まずはホクロやしみのようになった病変の一部を採取し、顕微鏡で調べる皮膚生検(バイ......

続きを読む →

皮膚がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

皮膚にできたがんが基底細胞がんの場合には、悪性度が低くほとんど転移することがないため、治癒する可能性が高いです。 有棘(ゆうきょく)細胞がんの場合には、悪性度は中間程......

続きを読む →

皮膚がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

皮膚がんの代表的な治療法は下記です。 外科療法・化学療法・放射線療法 皮膚がんの治療では、外科療法によりがんの病変部位を切除することが基本です。 基底細胞がんの場合に......

続きを読む →

皮膚がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

皮膚がんはできたがんの種類によって、治療後の予後が異なります。基底細胞がんの場合には、悪性度が低く転移しているケースもほとんどないため、外科手術のみで完治するケ......

続きを読む →

皮膚がん手術後(治療後)の注意点

皮膚がんは外科手術によって切除しやすく、切除範囲も少なくて済むケースが多いので、比較的治りやすいがんです。しかし、皮膚がんも他のがん同様再発の危険が伴います。進行して......

続きを読む →

爪の黒い線...癌?皮膚病?考えられる6つの病気

普段はピンク色をしている爪に、突然黒い線が現れたら、誰でも不安になるものです。爪にできる黒い縦線は、「爪甲色素線条」と呼ばれます。原因はさまざまで、単なるメラニン色素によるもの......

続きを読む →

皮膚癌解説サイト

日本ではあまり聞かれることがなかった皮膚がんですが、最近では皮膚がんにかかる人が年々増加増しています。

その理由としては、オゾン層の破壊によって紫外線量が以前よりも増えているということが挙げられます。皮膚がんの主な原因は紫外線です。紫外線量を多く浴びれば浴びるほど、それだけ皮膚がんを発症する確率は高くなってしまうのです。

紫外線を長く浴び続けた高齢者に、皮膚がんの発症が多くみられるというのは、そのような理由によると考えられます。

ただし、血液や身体の臓器の一部にできるがんと違って、皮膚がんは外から見えるがんなので、早期発見が十分に可能ながんでもあります。ですから、発見してすぐに病院で診てもらうことができれば、完治が可能になります。

とはいえ、皮膚がんはしみやホクロとも間違いやすいので、皮膚がんができているにもかかわらず、気付かなかったというケースが少なくありません。

ですから、できているしみやホクロの大きさや形、感触の変化に気付いたら、皮膚がんの可能性があるので、早めに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

皮膚がんの治療としては、軽いものであればがんができている部分を切除するだけで治ることが少なくありません。

しかし、悪性度の高い皮膚がんや切除だけで治療が難しい場合は、抗がん剤による化学療法や、放射線療法が行なわれることがあります。

皮膚がんの予後は、皮膚がんの種類によって大きく異なりますが、早期発見できれば悪性度が高いものでも5年生存率が高くなります。

ですから、ホクロやしみなどができた場合には、皮膚がんの可能性も視野に入れて皮膚科を受診するのがお勧めです。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る