乳がんの「骨転移」の状態・痛み・余命

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.3.5

小関 淳

この記事の監修者

日本大学病院 乳腺内分泌外科 助手 病棟医長
女性医療クリニックLUNAグループ 乳腺外科担当
医師 小関 淳

乳がんは、骨転移しやすいがんです。約3割の患者さんは、最初の転移が骨にみられるともいわれています。

乳がんが骨転移するということは、ステージとしてはⅣ期にあたりますので、一般的には末期がんと呼ばれます。

ただし乳がんは進行が遅いことも多いため、中には骨転移を起こした後もうまくがんと付き合いながら、長く生存している患者さんも少なくありません。

乳がんの骨転移とはどのような状態なのか、また、気になる余命についても詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

乳がんが転移しやすい骨とは?

がんが進行すると、血液やリンパの流れに乗って遠隔転移を起こしますが、乳がんの場合、もっとも多いのが骨への転移です。

中には、骨転移の症状がきっかけで受診し、乳がんが発見される患者さんもいます。

乳がんが転移しやすいのは、主に以下のような骨です。

  • 肋骨
  • 上腕骨
  • 脊椎(背骨)=頸椎+胸椎+腰椎
  • 骨盤
  • 大腿骨
  • 頭蓋骨

このように、乳がんは全身のさまざまな部位の骨に転移する可能性があります。

特に多いのは、胸椎や肋骨、上腕骨などの胸に近い部位ですが、血液に乗って遠くまで運ばれると、骨盤や大腿骨などの下半身の骨に転移することもあります。

一方で、膝や肘から先への転移はほとんどみられません。

乳がんが骨転移した場合の症状

乳がんが骨転移すると、以下のような症状が現れます。

痛み

骨転移した患者さんの多くが訴えるのが、転移した骨付近の痛みです。

たとえば肋骨に転移した場合は背部痛、腰椎に転移した場合は腰痛として現れます。

最初は軽い痛みから始まりますが、進行するにしたがって強くなっていき、人によっては眠れないぐらいの激痛を感じることもあります。

骨折

がんが骨転移すると、骨がもろくなってしまうため、特に強い刺激を加えていないのに骨が折れてしまう「病的骨折」を起こしやすくなります。

中には、突然の骨折がきっかけで乳がんが見つかる患者さんもいます。

高カルシウム血症

骨転移によって骨の破壊が進むと、骨のカルシウムが血中に溶け出すことによって、血中カルシウム濃度が高くなる「高カルシウム血症」になることがあります。

症状としては、多飲多尿や疲労感、便秘、食欲低下、吐き気などが代表的です。重症化すると意識を失うこともあるため、早めの対処が必要です。

麻痺や運動障害

骨転移が原因で、背骨の内側を通っている神経の束が圧迫されると、手足のしびれや麻痺、運動障害などが出てきます。

圧迫が長く続くと、神経の損傷が激しくなって回復できなくなることもありますので、早めの治療が大切です。

「乳がんの骨転移=余命わずか」とは限らない!

がんが骨転移すると、ステージとしてはⅣ期となり、一般的には予後が非常に厳しくなります。

しかし、骨転移がそのまま死につながることはありません。多くは、その後に肺や肝臓、脳などの重要な臓器に転移することが、死の直接的な原因となります。

つまり骨転移だけであれば、そこから進行させないための治療を受けることで、生存期間を延ばすことは可能なのです。

特に乳がんの場合、進行がゆるやかなタイプが多いことや、骨転移が早めに起こりやすいことなども関係して、必ずしも「骨転移=余命わずか」というわけではありません。

実際、骨転移をしていても乳がんと上手に付き合いながら、長く生存している患者さんもたくさんいます。

そのためにも、なるべく早期にがんを発見し、適切な治療を受けることが何よりも大切です。

定期的に乳がん検診を受けるのはもちろんのこと、原因不明の痛みが続く場合は念のために受診して、画像検査を受けるようにしましょう。

また、乳がんでは初回治療後10年以上たってから骨転移を起こすこともあるため、長いスパンで観察を続ける必要があります。

ほかの多くのがんでは、初回治療から5年たった時点で「完治」とされますが、乳がんは増殖がゆるやかなことが多いため、人によっては10年以上たってから転移することもあるのです。

治療後も必ず医師の指示にしたがってフォローアップ検診を受け、骨転移の有無を調べるようにしましょう。

乳がんが骨転移した場合の治療法

骨転移自体が死に直結するわけではありませんが、強い痛みや骨折が起こりやすくなることで、QOL(生活の質)が大きく低下するリスクがあります。

そのため、乳がんの進行を抑える治療とともに、骨転移に対する治療を行なうことも大切です。

たとえば、痛みを和らげるための鎮痛剤や、骨の破壊を防ぐための「ビスホスホネート製剤」の使用などが挙げられます。

さらに、骨転移に対しては放射線療法も効果的です。体の外から病変に向けて放射線を照射することで、痛みを和らげることができます。

また、病的骨折を起こす可能性がある場合は、予防のための手術を行なうこともあります。

特に背骨や大腿骨など、骨折すると日常生活に大きな支障が出ると予想される場合、手術で骨を補強することがあります。 

乳がんは日本人女性に急増している上、骨転移を起こしやすいがんですので、いかに骨転移対策をするかが非常に重要です。

「骨転移=末期的」とは限らないため、悲観しすぎず、必要な治療を前向きに受けるようにしましょう。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | 乳がん
  2. 公益財団法人 日本医療機能評価機構 Minds 有効性評価に基づく乳がん検診ガイドライン 2013年度版
  3. がん研有明病院 がんに関する情報 乳がん
  4. 国立がん研究センター がんの統計’15
  5. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | 乳がん
  6. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る