進行した乳がんについて

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.06

及川 明奈

この記事の監修者

医師 及川 明奈

進行した乳がんは根治(完全に治ること)は難しいかもしれませんが、薬物治療がよく効くものが多いです。

また大部分は比較的ゆっくり進行するため、今まで同様の生活を送りながら治療を続けている方も多いです。

さらに年々新薬の開発もされていて飛躍的に治療方法が進歩しています。

主治医とよく相談し、自分らしく治療を続けられるスタイルを見つけていきましょう。

進行性乳がんの種類

局所進行乳がん

乳がんやわきの下のリンパ節が胸壁や皮膚に広がり、手術で切除するのが難しい状態の乳がんを「局所進行乳がん」といいます。

抗がん剤、分子標的薬、抗ホルモン剤、軟膏処置などを用いた薬物療法のほか、放射線治療や緩和治療を組み合わせて行います。これを集学的治療といいます。

その結果、腫瘍がある程度小さくなった場合、手術で切除することもあります。手術は根治目的だけではなく生活の質を上げるために行うこともあります。

転移性乳がん

乳がんの細胞が他の臓器に転移して増殖することを遠隔転移といいます。

遠隔転移がある乳がんを総称して「転移性乳がん」といいます。最初の診断で見つかった場合はステージIVということになります。

遠隔転移が多い場所は肺、骨、肝、脳などです。

転移の部位によってさまざまな治療方法があります。

一般には抗がん剤や分子標的薬、抗ホルモン剤などの薬物治療が中心ですが、病状により手術療法や放射線療法、緩和治療なども組み合わせて行います。

再発乳がん

初回の治療を行った後に再発が見られた乳がんを「再発乳がん」といいます。

再発は他の臓器へ転移した「転移性乳がん」の他、残っている乳房や皮膚、わきの下のリンパ節に再発した「局所再発」も含まれます。

乳がん局所再発

残っている乳房や皮膚、またはわきの下のリンパ節に再発することを「局所再発」と言います。

切除できる場合には腫瘤摘出や乳房全摘、腋窩リンパ節郭清などを行います。手術のあと放射線照射を行うこともあります。

切除できない状態(局所進行)の場合は前述した集学的治療を行います。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る