乳がんの種類と分類

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

乳がんは悪性度の違いにより、下記の2種類に分類されます。

  • 浸潤性乳がん
  • 非浸潤性乳がん
浸潤がんと非浸潤がん

浸潤性乳がんの特徴

乳房のしくみ

浸潤性乳がんは、周囲の組織を浸潤しながら広がり、リンパや血液の流れに乗って、リンパ節・骨・肺・肝臓・脳などに転移する可能性があります。

しこりをつくるタイプが多く、痛みや乳房のえくぼなどの症状がみられます。ただし、浸潤性乳がんでも、症状が全くでない場合もあります。

乳がんは、がんの中では進行が緩やかなタイプですが、早期の段階からわきの下にあるリンパ節に転移しやすく、わきの下のしこりで気づくケースが多いです。

非浸潤性乳がんの特徴

がんが腺小葉や乳管内に留まっており、転移する可能性が低い、ごく早期の乳がんです。

しこりをつくらないタイプが多く、症状はほとんどみられないため、乳がん検診(マンモグラフィー)などで、偶然発見されるケースが大半です。

非浸潤性乳がんの発見率は年々増加しており、非浸潤性乳がんの段階で治療を開始すれば、ほぼ100%治すことができますが、放っておくと、浸潤性乳がんに発展するケースもあります。

乳がんの発生部位

乳がんの発生部位

がんができる部位では、乳房の外側上部が最も多く、発生頻度は約46%です。

外側上部には、乳腺組織が多く集まっているため、がんが発生しやすいと考えられています。

次いで、内側上部:約25%、外側下部:約14%、乳頭直下:約7.5%、内側下部:約7.5%となっています。

左乳房と右乳房では、左側の乳房にやや多く発生します。

乳房パジェット病と炎症性乳がん

乳がんの中には、乳房パジェット病と炎症性乳がんという珍しい種類があります。発生率は、どちらも乳がん全体の1%以下とごく稀です。

乳房パジェット病は、 しこりがない場合が多く、乳頭(ちくび)が炎症したように赤くなり、皮膚がはがれ「びらん」という状態になります。乳房パジェット病は、皮膚病ではなく乳がんの1種です。

炎症性乳がんは、しこりがない場合が多く、乳房が広範囲に赤くはれ、皮膚がむくんで毛穴が目立つ状態(オレンジ皮様皮膚(かわようひふ)や、豚皮膚様(ぶたひふよう)と呼ばれます。)になります。

細胞の成熟度に合わせた分類法

検査

乳がんの種類は、以上のように浸潤性、非浸潤性、特殊型(乳房パジェット病や炎症性乳がん)に分類されますが、その他に細胞の成熟度に応じた分類の仕方もあります。

それぞれ細胞成熟度に応じて「高分化」「中分化」「低分化」に分けられます。

「高分化」とは細胞分裂が進んで正常組織に近い状態まで成熟したものです。高分化がんは悪性度が低く一般に予後は良いとされています。

「低分化」とは、未成熟な状態の細胞であり、そのため増殖のスピードが速いものになります。低分化のがん細胞は増殖スピードが速く転移もしやすいため、予後が悪く悪性度が高いものと言えます。

「中分化」とは、「高分化」と「低分化」の中間的な状態のものです。以上の細胞分化度と浸潤性乳がんに対応させると、次のようになります。

  • 高分化:乳頭腺管がん
  • 中分化:充実腺管がん
  • 低分化:硬がん

乳頭腺管がんは、キノコ状に形成しながら周辺へ増殖していくがんで、乳がんのうち約20%を占めます。充実腺管がんは、しこり内部のがん細胞が周辺を圧迫しつつ進行するものです。乳がんのうち約20%と言われています。

硬がんは、乳管の外側にバラ撒かれる形で進行していくがんで、最も悪性度が高く難治性のがんです。乳がん全体の40%と言われています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る