乳がんの検査・診察・診断

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

乳がんの検査には下記のような検査があります。

  • 視診・触診
  • マンモグラフィー
  • 乳腺超音波検査
  • マンモトーム生検
  • CT検査・MRI検査
  • 乳管造影検査
  • 乳管内視鏡検査

視診・触診

しこり

乳がんになると、症状として最も多く現れるしこりや、乳房の形の崩れ・皮膚のひきつれ・えくぼなど、さまざまな症状が現れます。

乳がんの検査では、まずは専門医による視診(目で見る)と触診(触る)が行われます。熟練した医師であれば、乳がんであるかどうか、ある程度判断できます。

また最近では、女性の医師を希望できたりといった配慮がある病院も増えています。

マンモグラフィー

マンモグラフィー

マンモグラフィー検査では、専用の機械で乳房を上下左右から挟んで、乳房内をX線撮影します。

触診ではわからないようなごく小さなしこりや、しこりをつくらないタイプの乳がんも発見することができます。

現在、多くの乳がん検診でも行われています。マンモグラフィーの普及により、早期発見できる患者が増えています。

乳腺超音波検査

超音波を乳房にあてて、乳房内のしこりの有無、良性か悪性かなどを調べます。放射線の被曝をしないので、何度も繰り返し検査することができます。上のマンモグラフィー検査と併用して、乳がんの可能性を探ります。

マンモトーム生検

検査

上記のマンモグラフィー検査や乳腺超音波検査で異常が見つかった場合には、病変の一部を針で採取して調べる生検が行われます。

乳がんの場合には、X線や超音波を照射して病変の位置を確認しながら、細い針を病変に挿し、吸引して病変の一部を採取します。

採取した病変の細胞を顕微鏡で調べ、悪性であれば乳がんであると確定診断がされます。

CT検査・MRI検査

CT

乳がんの画像検査では、乳房や全身をあらゆる角度から撮影することにより、乳房内のがんの広がり具合や、他臓器への転移の有無を調べることができます。

MRI検査では乳房内をより詳しく調べることができ、CT検査では、乳がんが特に転移しやすい、肺・肝臓・脳・骨などへの転移も発見できます。

乳管造影検査

乳管造影検査では、乳首から乳管に細い管を挿入して造影剤を注入し、X線撮影をすることで、乳管内が鮮明に映し出され、乳管内の異常を調べることができます。

特に、血性乳汁(血の混じったような茶褐色の分泌液)がでるタイプの乳がんの診断に有効です。

乳管内視鏡検査

約1mmの細いファイバースコープ(内視鏡)を乳首から乳管に挿入し、乳管内を調べる検査です。

乳管内に病変が見つかった場合は病変の一部を採取し、がん細胞でないかどうか調べることもできます。

セルフチェック・自己検診

乳房は女性ホルモンの影響を強く受けますので、生理中は乳房が張る場合が多く、異常がわかりにくいので、セルフチェックする場合は、生理が終わった2~3日後に行いましょう!

乳がんのセルフチェック・自己検診の手順

両手を上げバンザイをした状態で、左右の乳房にひきつりやえくぼがないか、調べます。
※ 実際は上半身裸の状態で行います。
仰向けに横になり、片方の腕を頭の下に敷き枕にします。腕を上げた方の乳房を、もう片方の手を使って、指の腹でなぞるようにしてしこりの有無を調べます。何度もなでるようにまんべんなく調べましょう!両方の乳房に行います。
乳頭(ちくび)をつまみ、分泌液がでるかどうか調べましょう!分泌液が茶褐色の場合は、乳がんの可能性があります。

以上の乳がんのセルフチェックを月に1度、できれば日を決めて行うことによって、普段の乳房の状態を把握しやすく、異常に気付きやすくなります。

乳がん検診の欠点と推奨年齢

乳がん検診の診断の流れ

乳がんは早期発見することで治療しやすくなり、早ければ早いほど乳房を温存することができます。

そのため、一定年齢を超えたら乳がん検診の受診が推奨されています。乳がん検診では上記でご紹介した検査が行われます。

乳がん検診を受けることでいち早く乳がんの発見ができますが、一方で乳がん検診には欠点があるという指摘もあります。

たとえば、マンモグラフィー検診では優れたがん検出能力がありますが、一方で放射線被曝は避けられません。

そのため、妊娠中や授乳中の女性は検診ができないという欠点があります。また、若い女性の場合は、がんと乳腺の識別が難しい場合もあります。

乳腺超音波検査においても、放射線を使用しないという利点があるものの、検査精度は医師や技師の検査能力に依存し、また石灰化(カルシウムの沈着でがんの副産物)が見つけにくいという欠点があります。

このように、検査方法によってメリットとデメリットがあるため、年齢によって受けるべき検査を判断する必要があります。

なお、2006年度から厚生労働省により「40歳以上の女性に対し、2年に1度視触診およびマンモグラフィー併用検診を行う」との通知が出されており、40歳以上であればマンモグラフィーによる検査が推奨されています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る