子宮体がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

子宮がん 「子宮」という臓器について
子宮は袋状をしており、胎児を保護して育てる役割を持っています。
「子宮体がん」について
子宮がんは子宮頸がんと子宮体がんに分類されますが、近年増加傾向にあります。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

子宮体がんとは・子宮体がんの基礎知識

子宮は、子宮の入り口部分の狭まったところが子宮頸部といい、子宮の奥にあたる部分を子宮体部といいます。がんが子宮頸部にできると「子宮頸がん」、子宮体部にできると「子宮体......

続きを読む →

子宮体がんの種類と分類

子宮頸部は赤ちゃんが通る産道の一部であり、子宮を守る役割を担っています。子宮は胎児を育て大きく成長させるという役割を担っています。がんが子宮頸部にできると「子宮頸がん」......

続きを読む →

子宮体がんの原因とリスク

子宮頸がんでは、その原因のほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することによるものだと考えられています。ヒトパピローマウイルス(HPV)はありふれたウイルスで......

続きを読む →

子宮体がんの症状~こんな症状には要注意~

子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)ともに、初期の段階ではほとんど症状がでないという特徴があります。しかし、子宮がんの治療ではできるだけ早期に発見をし治療を開始すること......

続きを読む →

子宮体がんの検査・診察・診断

子宮がんの検査には下記のような検査があります。細胞診(スメアテスト)・内視鏡検査・組織診・CT検査・MRI検査・超音波検査・子宮がんの検査で代表的なのが、細胞診・内視......

続きを読む →

子宮体がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)は、がんがはじめにできた原発部位から少しずつ深く浸潤し、周囲のリンパ節や臓器に転移します。骨盤内には卵巣・卵管・膀胱・直腸など、さま......

続きを読む →

子宮体がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

子宮がんの治療では、外科療法によりがんを切除することが根治への基本となりますが、子宮は赤ちゃんを産む女性の大切な臓器のため、がんの進行度合だけでなく、妊娠を希望するのか......

続きを読む →

子宮体がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

子宮がんは早期の段階で見つかれば、がんの種類の中では比較的治りやすいがんであるとされています。また、早期の段階で治療を行うことにより、妊娠の可能性を残す治療も可能にな......

続きを読む →

子宮体がん手術後(治療後)の注意点

子宮がんの手術後(治療後)は、子宮や卵巣を切除した場合には、骨盤内には重要な神経がたくさん通っているので、排尿障害や排便障害が現れることがあります。また、女性ホルモンが分泌......

続きを読む →

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る