外陰がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
外陰がん 「外陰部」について
外陰部はヒダ状になっており、膣や子宮内に細菌やウイルスが侵入することを防ぐ役割を持っています。
「外陰がん」について
外陰がんは子宮がん、卵巣がんに次いで多いがんですが、婦人科系のがんの中では約3%と稀ながんです。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

外陰がんとは・外陰がんの基礎知識

外陰部(がいいんぶ)とは、膣口(腟の入口)の外側のことを指し、大陰唇・小陰唇・陰核(クリトリス)などを総称して外陰と呼びます。がんが腟口の内側にあれば腟がん、がんが膣口の外......

続きを読む →

外陰がんの種類と分類

外陰がんのほとんどが、外陰部の粘膜の最も表層にがんができる扁平上皮がんで、約80%と大半を占めます。しこりができやすいのが特徴です。次に多いのが、パジェット病と呼......

続きを読む →

外陰がんの原因とリスク

外陰がんの原因は、症例数も少なくはっきりとわかっていない部分も多いのですが、現在考えられているのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)と他の外陰部の疾患です。ヒトパピロ......

続きを読む →

外陰がんの症状~こんな症状には要注意~

外陰がんでは外陰部にがんができるため、がんの腫瘍がしこりとなって現れます。患者の約90%がしこりに気付き病院を受診します。また、周囲の組織を浸潤しますので、潰瘍や出血も......

続きを読む →

外陰がんの検査・診察・診断

外陰部は身体の外側にあるため、視診により診断が可能です。医師が肉眼で外陰部を観察し、疑わしい病変やしこり、潰瘍はないか調べます。疑わしい病変が発見された場合には、病......

続きを読む →

外陰がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

外陰がんは、外陰部にがんができた後、腫瘍が少しずつ大きくなりながら、組織を深く浸潤していきます。外陰部は、膣・肛門・尿道に近く、粘膜が薄いため浸潤しやすいです。また、外......

続きを読む →

外陰がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

外陰部は身体の外側にあるため、手術による切除が基本となります。そのため、ステージ0~IVまで、いずれのステージでも外科手術を行います。がんの広がりに合わせて外陰部の一......

続きを読む →

外陰がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

外陰がんの治療後の予後は、リンパ節への転移の有無が予後を大きく分けます。ステージI・II期の場合はまだリンパ節への転移はしていないので、予後は良好な傾向がありますが、ステ......

続きを読む →

外陰がん手術後(治療後)の注意点

外陰がんがステージIII期以降でかなり進行していた場合、膣の全部及びリンパ節と、骨盤内の尿道・膀胱・直腸などを一緒に切除するケースがあります。そういった場合、人工肛門や人......

続きを読む →

ページの1番上へ戻る