絨毛がんの基礎知識・種類・原因・症状・治療法など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

絨毛がん 「絨毛」という臓器について
絨毛(じゅうもう)は胎盤の外側にあり、胎盤を形成するという役割があります。
「絨毛がん」について
絨毛がんは婦人科系のがんの中で最も悪性度が高いがんです。全身に転移しやすいという特徴があります。

詳しい臓器の位置はこちら人体解剖図のイラスト

絨毛がんとは・絨毛がんの基礎知識

絨毛(じゅうもう)とは、赤ちゃんと栄養を交換する機能を持った胎盤の外側にある組織のことで、妊娠すると子宮内に赤ちゃんと母体とをつなぐ絨毛という組織ができます。絨毛からがん......

続きを読む →

絨毛がんの種類と分類

絨毛がんのほとんどは妊娠をきっかけとして発症する、妊娠性絨毛がんです。ほとんどが妊娠後に発症します。妊娠に伴い絨毛細胞が増加し、そのタイミングで何らかの原因でがん細......

続きを読む →

絨毛がんの原因とリスク

絨毛の病気に胞状奇胎という病気があります。胞状奇胎にかかると、絨毛が2mm以上に水ぶくれし、ぶどう状の半透明の粒になる病気です。胞状奇胎になると、約100人に1人が絨毛が......

続きを読む →

絨毛がんの症状~こんな症状には要注意~

絨毛がんの症状として最も多いのが、不正出血です。絨毛は胎盤の元となる細胞で、非常に血液に富んだ組織ですので、絨毛がんができると出血をするケースが多いです。出血量が増えること......

続きを読む →

絨毛がんの検査・診察・診断

絨毛がんの検査には下記のような検査があります。尿検査・腫瘍マーカー検査・胸部X線検査・CT検査・超音波検査 絨毛がんの「尿検査」絨毛がんにかかると、血液や尿中の絨毛性ゴナ......

続きを読む →

絨毛がんのステージ・病気の進み方・悪化の仕方

絨毛は胎盤の元となる組織ですので、非常に血液や栄養に富み、活発に細胞分裂している組織です。そのため、絨毛がんにかかり絨毛細胞ががん化すると、非常に進行が早く、肺や脳など......

続きを読む →

絨毛がんの治療法~標準治療から最新治療まで~

外科療法では、絨毛及び子宮内に広がったがん細胞を取り除くため、子宮内の内容物を専用の吸引機で吸い出す、子宮内容掻爬(そうは)吸引切除術が行われます。がんの広がり具合に......

続きを読む →

絨毛がんの予後と5年生存率~医学的な病状の見通し~

絨毛がんは進行が早く、肺・肝臓・脳・膣などへ転移しやすく、以前は治療が難しいがんだとされていましたが、現在では、適切な治療により、約半数以上の患者が治癒しています。絨毛......

続きを読む →

絨毛がん手術後(治療後)の注意点

絨毛がん患者は、絨毛が異常増殖する全胞状奇胎や部分胞状奇胎などを合併していることが多く、次回の妊娠をしてもよいのか疑問に感じる方も多くいらっしゃいます。妊娠について......

続きを読む →

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

定番のがん保険2社をご紹介しておきます。

※別冊「2017 ベスト&ワースト保険"実名"ランキング」宝島社の順位

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る