薬剤耐性

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がんの薬剤耐性薬剤耐性(やくざいたいせい)とは、薬を長期間使用しているとだんだん薬が効かなくなってくることを言います。

薬剤抵抗性・薬物耐性と呼ばれることもあります。

だんだんと薬に対する耐性を身に着けてくる場合と、もともと薬が効かない耐性を身に着けている場合があります。

がんの治療では抗がん剤を使用する場合がほとんどですが、ある特定のがん細胞に対して抗がん剤が効いていたとしても、一部抗がん剤が効かないがん細胞が生き残ってしまうことがあります。

これを"薬物耐性がん"という言い方をします。薬に対して抵抗する力をもったがん細胞のことです。

薬物耐性がんの治療法は医師や研究者も頭を悩ませているところで、そのメカニズムや治療法がまだはっきりと解明されているわけではありません。

しかし長期間同じ薬を使用し続けると薬物耐性を持ちやすいことはわかっていますので、特に抗がん剤治療では短期集中で治療を行うことが多いようです。

スポンサーリンク

がん細胞の薬物耐性は、治療を困難にする

相談

細菌が抗生物質に対して耐性を身につけるのと同様、がん細胞も抗がん剤に対して耐性をつけることがあります。

そのメカニズムを解明できれば、より効果の高い抗がん剤を開発できるため、各研究者ががん細胞の薬物耐性の仕組みについて研究を続けています。

たとえば京大や東大の共同研究チームによる研究によると、がん細胞の薬物耐性には、細胞膜の内側と外側とで物質の輸送を行なっている「トランスポーター」というタンパク質が関わっていることが分かりました。

中でも「ABCB1」という、外部の異物から体を守るためのトランスポーターが、抗がん剤をがん細胞からシャットアウトしているとのことです。

さらに抗がん剤でほとんどのがん細胞が死滅しても、一部生き残ってしまった細胞がある場合、それが薬物耐性を獲得してABCB1を大量に産生してしまいます。

すると最初の治療で使った抗がん剤のみならず、他の抗がん剤も効かなくなってしまう「多剤耐性」を身につけてしまうこともあるのです。がん細胞の薬物耐性は、抗がん剤治療を厳しいものにしてしまいます。

通常、がん治療の化学療法では、まず「一次選択薬」と呼ばれる抗がん剤が使われるのですが、これにがん細胞が耐性を獲得してしまった場合、次に「二次治療薬」が使われることになります。

このようにどんどん抗がん剤を変えていくうち、最終的にどの薬も効かなくなってしまうケースも少なくありません。

そのような場合、日本では未承認の海外の抗がん剤を使うという選択肢もありますが、費用が高額になりますので、いずれにしても患者さんにとっては非常に厳しい状況となってしまいます。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | 薬物療法(化学療法)
  2. 国立がん研究センター がん情報サービス | 薬物療法(抗がん剤治療)のことを知る
  3. 書籍 がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬-はや調べノート2017・2018年版 (プロフェッショナルがんナーシング2017年別冊)2
  4. がんを学ぶ | がんの三大療法
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る