がんと仕事

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がんで仕事を辞める人は3割も!働きながら治療を続けることの難しさと支援

佐藤元宣

執筆者:佐藤元宣(さとうもとのぶ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。

がん宣告を受けると「自分の命はどうなるのか」「会社をクビになるのではないか」と考え、目の前が真っ暗になってしまう人も少なくないと思います。

仮にがんになったからといった理由で会社が従業員をクビにすることは、法律上、当然に禁止されているのですが、がん宣告を受けた人の中には自ら職場を退職する人も多く見受けられます。

本記事は、がんと仕事の両立をテーマとし、がん診断後の就労状況をはじめ、がん治療をしながら就労している人が抱いている想いなどを紹介していきます。

続きを読む

がん治療後、復職率が高いがんと低いがん

佐藤元宣

執筆者:佐藤元宣(さとうもとのぶ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。

がんは内臓にできる場所やがんを発見した時の進行度合いによって生きていられる確率が異なります。いわゆる「生存率」とも呼ばれますが、実は、平成28年1月に初めて「がんの10年生存率」が公表されたことをご存知でしょうか?

本記事ではさまざまながんに罹患した場合における「10年生存率の目安」をがんの進行度合いを表す「ステージ別」に紹介し、がん治療後において仕事に復職する確率が高いがんと低いがんについて併せて紹介していきます。

それぞれのがんの特徴が浮き彫りとなる結果と...

続きを読む

がんの治療と仕事の両立は可能?世論調査からわかること

佐藤元宣

執筆者:佐藤元宣(さとうもとのぶ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。

一昔前と違い、現代において「がん」は治る病気になっています。

これは、医療技術の進歩などのおかげであり、大変喜ばしいことではあるものの、一方で「がんの治療を続けながら仕事を両立させることができるのか」という大きな社会問題があることを皆さまはご存知でしょうか。

実は、がん治療のために通院する場合や抗がん剤を使用した治療は、就業できる時間が短くなったり、抗がん剤による副作用といったことから、なかな...

続きを読む

がんと診断前後の仕事と収入の変化

佐藤元宣

執筆者:佐藤元宣(さとうもとのぶ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。

「あなたはがんです」。思いがけない宣告を突然、医師から告げられた時、ほとんどの人が大きな落胆をしてしまうと思います。

そして、現在の仕事や収入といったお金の変化が生じてしまう可能性に大きな不安を抱いてしまう人も少なくないでしょう。

そこで本記事では、がんと診断された前と後における仕事や収...

続きを読む

がんであることを職場にどう切り出すか?会社の理解が必要不可欠!

佐藤元宣

執筆者:佐藤元宣(さとうもとのぶ)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。

職業によって異なりはあるものの、たとえば、会社員や公務員など在職中に会社の健康診断や急な体調不良などで、がんが発見されることも珍しくありません。

仮にこのような状況に陥ってしまった時、がんに罹患した多くの人はどのようにがんであることを職場に切り出しているのでしょう。

「命」「仕事」「お金」「家族」などさまざまな不安を抱えること...

続きを読む

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る