がんの予防に効果があるといわれている漢方薬

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がん予防漢方

「がんの予防に漢方薬を使ってみたい!」という人もいるかもしれません。

東洋医学から生まれた漢方薬は、植物由来の生薬からできた薬ですので、西洋医学の薬より安全なイメージがあることが人気の一因のようです。

また漢方薬は「病気の予防」を目的として使える点も、西洋医学の薬とは異なっています。

東洋医学では、まだ病気ではないけれども、将来病気になるかもしれない状態を「未病」といい、この段階から軌道修正していくことを大切にしているのです。

実際、がん予防に処方される漢方薬もありますので、いくつかご紹介していきましょう。

そもそも漢方薬ってどんなもの?本当に安全?

漢方薬

漢方薬は、伝統的な中国医学から生まれた薬です。ただし日本では、江戸時代の鎖国中に独自の発展を遂げたため、処方の仕方なども日本独特のスタイルが確立されています。

漢方薬が西洋医学の薬と決定的に異なるのは、「複数の生薬を組み合わせている」点です。西洋医学の薬には、症状に対して効果を発揮する「主成分」が存在し、それ以外の成分はほとんどが添加物となります。

一方、漢方薬ではさまざまな効果を持つ生薬を、バランスを考えながら配合して一つの薬として処方することが一般的です。

またその際、患者さん一人ひとりの状態や体質をみながら配合を調節します(これを「証をみる」といいます)。つまり漢方薬の処方には、問診が必要不可欠だということです。

このような特徴から、漢方薬は西洋医学のように「この症状にはこの薬!」という画一的な処方が決まっているわけではなく、患者さんそれぞれの体質や状態に合わせて幾通りもの組み合わせがあります。

また、漢方薬は症状にピンポイントで効くというよりは、症状の原因となっている体の不調からアプローチする薬ですので、薬の作用は一般的に西洋医学の薬よりもおだやかです。

ただし生薬といえども薬である以上、副作用のリスクはつきものですので、決められた容量と用法をしっかりと守る必要があります。

このように漢方薬は、西洋医学の薬とは効くプロセスが異なるため、医師の判断があれば併用することも可能です。実際、がんの治療でも漢方薬が使われることがあります。

がんの予防を目的とした漢方薬としては、免疫力を上げる効果のある薬が代表的です。特に「補中益気湯」「十全大補湯」「人参養栄湯」の3つは、体力を上げて免疫機能を改善する効能があるため、よく処方されています。

他には、肝炎ウイルスに使われる「小柴胡湯」も、肝臓がんの発がんを抑制する効果が認められています。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯の成分
主な成分
人参・白朮・黄耆・当帰・柴胡・陳皮・大棗・生姜・甘草・升麻

代表的な漢方薬の一つで、特に元気がなく疲れやすい人に対してよく処方される「補気剤」です。「中」とは、漢方の世界では消化器を指し、胃腸の働きを高める効果があることを意味しています。

また体力を回復させるということは、免疫力を上げることでもあるため、病後や術後の回復期はもちろん、がんなどの病気を未然に防ぐ目的でも使われます。

成分に含まれる「にんじん」や「甘草」などは、まさにがんの予防効果があることで知られる食材です。

また免疫力を上げることで感染症を防ぐ効果も期待できますので、医療の現場では抗がん剤の副作用を軽くするためにも使われています。

比較的おだやかな薬で、副作用は少ないですが、胃の不快感や食欲不振、軽い吐き気や下痢などの胃腸症状が出ることがあるほか、ごくまれに低カリウム血症や間質性肺炎などが起こるとされています。

特に初めて服用する場合は、しばらく様子を確認してみましょう。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

十全大補湯の成分
主な成分
黄耆・人参・桂皮・当帰・川きゅう・芍薬・熟地黄・蒼朮・茯苓・甘草

十全大補湯も補中益気湯と同じく、体力を回復させる効果の高い漢方薬で、病後や術後の回復期によく使われています。また、がんの治療において、抗がん剤や放射線療法の副作用を減らすためにも活用されている薬です。

こちらも、にんじんや甘草が含まれますので、がん予防にも用いられます。マウスを使った実験では、十全大補湯が免疫細胞を活性化させて、抗がん作用を発揮する様子が確認されました。

また、がんの再発や転移を抑制する効果もあると考えられています。

副作用の心配はほとんどありませんが、長期的に服用すると甘草の影響で、むくみや高血圧がみられる「偽アルドステロン症」を起こす場合があります。

また肝障害もまれに報告されていますので、体調の悪さを感じたらすみやかに医師に相談してください。

人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)

人参養栄湯の成分
主な成分
人参・黄耆・当帰・地黄・白朮・茯苓・芍薬・桂皮・陳皮・遠志・五味子・甘草

「十全大補湯」と成分が似ていますが、人参を主薬とした漢方薬です。栄養状態を改善する効果があることから、「人参養栄湯」と名付けられています。

体力と気力を補い元気にする薬で、冷え性や貧血、顔色の悪い人などによく処方されます。もちろん免疫力を上げる作用もあるため、がん予防にも最適です。

また呼吸器疾患をやわらげる効果もあるため、肺がんや肺転移の際に使われることもある薬です。

小柴胡湯(しょうさいことう)

小柴胡湯の成分
主な成分
柴胡・黄ごん・半夏・人参・甘草・生姜・大棗

小柴胡湯は、普通の病院でも広く使われてきた実績のある漢方薬です。特に胃炎や肺炎、こじれた風邪のほか、肝炎の治療に使われることで有名で、実際に肝臓機能の改善効果が確認されています。

肝炎は、放置するといずれ肝臓がんに移行する可能性のある病気ですので、この段階で適切に治療することで、肝臓がんの予防効果が期待できます。

また、にんじんや甘草、しょうがなどは、いずれもがん予防の効果が高いとされる「デザイナーズフーズ・ピラミッド」に含まれる食材のため、肝臓がん以外のがん予防にも使われます。

柴胡という生薬にも、免疫力アップ効果のある「サイコサポニン」が含まれますし、「黄ごん」にはフラボノイド類(ポリフェノールの一種)が含まれるなど、全体的に抗がん作用を持つ成分の多い薬です。

副作用としては、偽性アルドステロン症や肝機能障害がまれに見られます。

また、インターフェロンと併用、もしくはすでに肝硬変や肝臓がんにかかっている患者さんに投与すると、間質性肺炎で死に至ることもあります。

治療に使う場合は、医師の指示にしたがって服用することが非常に大切です。

がん予防に漢方薬を使いたい場合は、どうする?

問診

がん予防に漢方薬を使いたい場合は、漢方薬を扱っている薬局やクリニックなどに相談してみましょう。漢方では前述したとおり、問診を大切にしますので、最初は予約が必要なところもあります。

また最近では、インターネットを通して遠方の患者さんにも薬を処方する薬局も増えています。

漢方薬には保険が使えるものも多いのですが、病気の予防を目的とする場合は、原則として保険は適用されません。

すでに何かの病気になっている人が治療目的で使用する場合は、保険が利きますが、予防は病気の治療とは違いますので、自由診療になることが一般的なのです。費用の面も含め、まずは相談してみましょう。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | がん予防
  2. 書籍 がんの予防―科学的根拠にもとづいて (国立がん研究センターのがんの本)
  3. 国立がん研究センター 社会と健康研究センター がん予防法の提示 2016年8月31日改訂版 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る