がんの予防法まとめ

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がん予防

がんの中には遺伝性のものもありますが、全体から見ればほんの一部であり、ほとんどは長年の生活習慣によるものと考えられています。

ですから私たちの意識しだいで、予防できるがんも多いということです。

がんを予防するためには、「がんの原因になるものを極力避けること」、そして「体に備わったがん防止システムをフルに働かせること」の2つが大切になります。

今日から実践できる、がんの予防法5つをまとめましたので、ぜひ参考にされてください。

1.発がん性物質を避ける!

発生

世の中には、がんを発生させる明らかな原因物質が存在します。それが「発がん性物質」です。

さまざまな化学物質に囲まれて暮らしている今の日本では、完全に発がん性物質を避けることは困難ですが、できる対策は色々あります。特に以下の2点が重要です。

禁煙する!

たばこ

身近にある発がん性物質といえば、タバコを挙げないわけにはいきません。

タバコの煙には「ベンゾピレン」をはじめとする明らかな発がん性物質や、発がん性が疑われるさまざまな有害物質が数十種類も含まれています。

タバコを吸う本人はもちろん、副流煙によって周りにいる人にもその影響は及びますので深刻です。

副流煙と肺がん

自力でやめられない人は、保険を使って禁煙治療を受けることもできますので、ぜひ医療機関で相談してみてください。

食べ物に気を付ける!

食べ物

口から入る発がん性物質としては、食品添加物が代表的です。

着色料や保存料、発色剤、人工甘味料などの添加物には、まだ分かっていない点も多く、今後の研究で発がん性が確認されるものも出てくる可能性があります。

時々は加工食品を利用するのも悪くありませんが、基本は「天然の食材に天然由来の調味料」を使うようにし、食事全体の中での添加物の比重が大きくならないように気を付けましょう。

ちなみに添加物の中でも、ハムやソーセージなどに使われる「亜硝酸ナトリウム」という発色剤は、特に問題視されています。

それ自体が発がん性を持つわけではないのですが、体内で動物性たんぱく質と結合することで、「ニトロソアミン」という強力な発がん性物質に変わるからです。

近ごろ、加工肉の発がん性について世界中で話題になっていますが、少なくとも食べ過ぎには十分に気を付けることが大切です。

2.過度の放射線や紫外線を避ける!

紫外線

がんの原因としては、放射線や紫外線もあります。どちらも浴びすぎると発がん性物質と同様、DNAに傷を付けてがんのきっかけを作ってしまいますので、注意が必要です。

ただし放射線に関しては、原爆や原発事故のような突発的な事態が起こらない限り、高線量を浴びる機会はめったにありません。

低線量では、医療被ばくがありますが、通常のがん検診や健康診断などで受ける限り、特に大きな問題になることはないでしょう。また、がん治療の放射線療法も、体に支障がない範囲内で行なわれます。

とはいえ、低線量でも間をあけずに何度も同じ場所に照射すると、細胞の修復が遅れてしまいますので、「同じX線検査やCT検査を、何度も続けて受けないようにする」などの意識は大切です。

必要な検査を最小限に受けるよう、心がけてください。

私たちが日常の中でより注意すべきは、紫外線のほうかもしれません。紫外線の浴びすぎは、皮膚がんの原因になります。

日本人は有色人種で、メラニン色素を持っているため、白色人種よりは皮膚がんのリスクが低いのですが、最近は高齢化にともない、罹患者数が増加しています。

長年浴びた紫外線の影響は、数十年後に出てきますので、若いころからしっかりと紫外線対策をすることが大切です。がん予防の観点からは、不必要な日焼けや日光浴はおすすめできません。

3.がんの原因になるウイルスや細菌を予防・駆除する!

ウイルス

がんの中には、特定のウイルスや細菌が原因になるものがあります。

そのようながんの場合は、事前にウイルスや細菌対策をすることで、発症を予防することが可能です。

肝炎ウイルス

肝臓がんのほとんどは、肝炎ウイルスへの感染がきっかけとなります。

肝炎ウイルスのキャリアすべてが肝臓がんを発症するわけではありませんが、一部の人が肝炎から慢性肝炎、肝硬変へと進んで、最終的に肝臓がんへ移行するのです。

日本ではC型肝炎が一番多く、次いでB型肝炎となっています。B型肝炎にはワクチンがあり、キャリアの母親から生まれた赤ちゃんには生後すぐに接種が行なわれるため、母子感染は少なくなりました。

しかし最近は性交渉による感染が増えていますので、避妊具を使用するなどの対策が必要です。

一方、C型肝炎ウイルスはB型より複雑なため、有効なワクチンがありません。1990年以前に輸血を受けたことのある人は感染の可能性がありますので、一度、検査を受けるようにしましょう。

すでに肝炎ウイルスに感染している場合は、インターフェロンなどの治療を受けることができますし、完全にウイルスを除去できなくても、経過を観察することでがんの発症を早期に発見することができます。

HPV

若い女性に増えている子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスへの感染が原因です。主に性交渉によって感染するため、性経験のある女性であれば何歳でも子宮頸がんのリスクがあるといえます。

ただし子宮頸がんは、子宮頚部の細胞診によって高確率で早期発見できますので、HPVに感染していても定期検診さえ受けていれば大事には至りません。

またHPVに対するワクチンも開発され、日本でもまだ性交渉の経験がない女児を中心に接種が始まりましたが、副作用の問題から現在は積極的に推奨されなくなりました。

受けるかどうかは任意ですので、家庭でよく相談した上で決めるようにしましょう。

ピロリ菌

ピロリ菌

ピロリ菌は、胃がんの大きなリスクファクターです。ピロリ菌に感染していない人が胃がんを発症するケースはごくまれですので、胃がん予防にはピロリ菌対策が必要不可欠になります。

特に50歳以上の人に保菌者が多いため、まだ一度も検査を受けたことのない人は、ぜひ受けるようにしましょう。もしも感染が確認されれば、保険適用で効果の高い除菌治療を受けることができます。

参考:ピロリ菌検査

4.40歳からは、活性酸素対策をする!

がんの一因に、活性酸素があります。呼吸によって取り込んだ酸素のうち、約2%が活性酸素となり、発がん性物質と同様、DNAに傷を付けてしまうのです。

私たちの細胞では、活性酸素から身を守るための酵素が作られていますが、加齢とともにその量が減少し、特に40代からは顕著に減るといわれています。

ですから40歳以降は、特に活性酸素を溜めないようにすることが大切です。

ストレスや喫煙、過度の飲酒、紫外線などは活性酸素を増やすことが分かっていますから、ぜひ避けるようにしましょう。加えて、抗酸化作用のある食べ物や飲み物を積極的にとることが有効です。

特にビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどは抗酸化作用が強いため、緑黄色野菜や果物、飲み物なら緑茶や赤ワインなどがおすすめです。

5.免疫力を上げる!

免疫力

私たちの体では毎日のようにがん細胞が生まれていますが、それががんにならないのは、体の免疫システムのおかげです。

特に「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」が、血液に乗って常に全身を監視し、がん細胞を見つけしだい攻撃してくれるため、がんの芽が事前に摘み取られています。

しかし睡眠不足やストレス、不規則な生活などが続くと体の免疫力が落ち、NK細胞も十分な力を発揮することができません。

ですから規則正しい生活を送り、睡眠をたっぷりとって、健康的な日々を送ることが非常に重要です。

ちなみに「笑い」も免疫力を上げる効果がありますので、よく笑うこともがん予防につながります。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | がん予防
  2. 書籍 がんの予防―科学的根拠にもとづいて (国立がん研究センターのがんの本)
  3. 国立がん研究センター 社会と健康研究センター がん予防法の提示 2016年8月31日改訂版 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究
  4. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がん情報サイト「オンコロ」
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る