肺がんの種類別(小細胞がん・非小細胞がん)の標準治療

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

舟橋 均

この記事の執筆者

工学博士 舟橋 均

精密検査によって患者の肺がんの種類、大きさ、転移の有無などの詳細な情報が集まり肺がんの進行状態を表す肺がんのステージが決定されると、いよいよ治療が始まります。

肺がんのステージごとに、状況に合わせた標準治療と呼ばれる治療法があります。

標準治療という言葉からも分かるように、他のトラブルが無いという前提での一般的な治療方法という意味でしかありません。

患者の体力や他の疾患など個々の事情は異なっていますので、ステージに合わせた標準治療をベースとして今後の治療方針を決めていくことになります。

標準治療とは?

肺がんの標準治療
小細胞がんの標準治療
ステージ 治療方法
外科手術 放射線療法 化学療法
限局型  
進展型    
非小細胞がんの標準治療
ステージ 治療方法
外科手術 放射線療法 化学療法
0期    
ⅠA期  
ⅠB期
ⅡA期
ⅡB期
ⅢA期  
ⅢB期  
Ⅳ期    
◎:主体となる治療方法
○:主体となる治療方法が困難な場合の治療方法
△:外科手術の術後管理に行う治療

参照元:がん情報サービス 肺がん 治療の選択を参考に作成

肺がんの治療方法における標準的な選択肢としては、外科手術、放射線療法、化学療法の三種類があります。

肺がんの各ステージに対する標準治療というのは、これまでの臨床経験と治療実績をもとに、現状のステージにある肺がんに対する治療に最も適した治療法ということになります。

外科手術

外科手術はご存知のように開胸して患部を切除する方法で、全てのがんを取り除くことが出来るのであれば再発のリスクも少なく最も効果的な治療方法です。

放射線療法

強いエネルギーを持つX線を体外からがん細胞に照射して細胞を破壊する治療方法です。

患者への負担が少ない方法ですが、治療を継続的に行う必要があり放射線の副作用もあります。

がんが小さい場合には、放射線療法によって根治することが出来る場合もあります。

化学療法

外科手術や放射線療法に比べると効果は弱くなりますが、抗がん剤を血管内に送り込むことで不特定多数のがんを攻撃することが出来る全身療法と呼ばれる治療法が化学療法です。

転移が広範囲に進行してしまっているがんの場合には、化学療法で治療するしかないケースもあります。

小細胞がんにおける標準治療

小細胞がんは非小細胞がんに比べて増殖の速いがんです。発見されたときには、ほとんどのケースで転移が始まっているといっても過言ではありません。

そこで、リンパ節への転移に留まる限局型と原発巣の反対側の肺も含む他の臓器への転移が存在する進行型によって標準治療が決定されます。

限局型はリンパ節への転移が発見されているだけですが、発見できない転移の存在が予想されますので放射線療法と化学療法の併用が選択されます。

また、進行型になると新たながんが発生してもおかしくない状態ですので、局所的な治療ではなく全身療法である化学療法が選択されます。

非小細胞がんにおけるステージごとの標準治療

肺がんが肺の内部に留まっている状態でがんが大きくない場合には、近隣のリンパ節への転移があったとしても転移しているリンパ節と共に物理的に除去してしまう外科手術が最も効果的です。

何らかの事情によって外科手術を選択できない場合には、体への負担が少ない放射線療法をメインに治療法として選択することになります。

また、がんが広がり過ぎて放射線療法すら困難な場合には、化学療法で全身をケアする治療方法が標準治療ということになります。

外科手術が標準治療になるケース

がんが肺内に留まっている0期、ⅠA期、ⅠB期、ⅡA期、ⅡB期は、基本的には外科手術が標準治療ということになります。

外科手術でがんを除去した後は、化学療法によって再発を予防しながら術後観察を継続するのことによって5年生存率が5%アップするというデータもあります。

ただし、外科手術は長時間に及ぶことが多く、体力の無い高齢者や心肺機能に不安のある患者、あるいは、がん以外にも体にトラブルを抱えているといったケースでは、手術を選択できないこともあります。

そんな時には、他の方法でがんを小さくしてから、外科手術を行うケースもあります。

放射線療法がメインとなるケース

外科手術を行うことが出来ない場合というのは、体力的な問題だけでなく、がんが大きすぎて切除によって肺の機能にトラブルが発生する可能性もあります。

これに該当するステージが、ⅢA期やⅢB期と呼ばれるステージです。

このステージではがんがかなり大きくなっており、肺の外部、すなわち、原発巣の近辺にある臓器にまで広がっていることも少なくありません。

そのような場合には、放射線療法と化学療法を併用して、とりあえずがんを小さくすることを目的とした治療を行います。

もちろん、放射線療法によって根治することまありますし、外科手術で除去できるレベルまでがんが小さくなった段階で外科手術に踏み切ることもあります。

外科手術も放射線療法も不可能なⅣ期

Ⅳ期は末期の肺がんとも呼ばれるステージであり、転移したがんが何処に発症するのか予想も出来ない状態です。

他の臓器で確認されているがんはもちろんのこと未だ発見されていない転移がんも治療の対象となりますので、全身療法である化学療法しか治療方法がありません。

参考文献

  1. 国立がん研究センターのがんの本「肺がん」
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る