症状が似ている肺がんと間違われやすい病気

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.3.30

舟橋 均

この記事の執筆者

工学博士 舟橋 均

肺がんの自覚症状として挙げられているのが、長引く咳と痰、胸や背中の痛み、炎症によって狭くなった気管支が笛のような役割をすることによって起こる喘鳴、息切れなどの呼吸困難、進行状況によっては痰に血が混じったりすることもあります。

これらの症状は感冒や気管支炎でもみられる症状でもありますし、呼吸器系に重大なトラブルが発生するような疾患では起こる可能性がある症状ばかりです。

また、喫煙が肺がんのリスクを増大することはほとんどの人が認識していますが、タバコを吸っている人がこのような症状に遭遇するときには、先ずは「肺がんでは?」と恐怖するかもしれません。

しかしながら、必ずしも肺がんというわけではなく喫煙に伴う呼吸器系の疾患もありえます。

スポンサーリンク

肺がんの自覚症状から考えられる肺がん以外の病気

呼吸器系にトラブルが起これば、ほとんどの疾患で咳と痰という症状が発生します。

咳は肺や気道から呼気を排出させる筋肉の反射的な運動であり、気管や気管支、あるいは、咽頭などの粘膜が刺激を受けることによって発生します。

痰は粘膜から分泌される粘液であり、気管支や咽頭に炎症が起こっているようなケースでは炎症の原因となる異物を排出するために大量に発生する可能性があります。

咳や痰が発生する炎症が長引けば、喘鳴が起こることもあれば組織が傷ついて痰に血液が混じることもありますし、連続した咳で呼吸困難になったり胸筋が筋肉痛を起こしたりすることで胸の痛みが発生することもあります。

咳や痰といった症状は、呼吸器系に病原菌や異物が入り込むとその原因が無くなるまで発生し続けることになります。

逆に考えると、原因が無くなれば症状は無くなるか軽くなるということです。

病原菌の感染が原因であれば、病原菌を抑えることが出来る風邪薬を飲めば症状は治まってきますので肺がんと間違うことはありません。

しかし、炎症が慢性化しているような気管支拡張症や気管支喘息では、肺がんとの区別が難しく精密検査が必要になってきます。

気管支拡張症

気管支の周辺にある組織が繊維化してしまうことによって、気管支が広がってしまう病気です。

感染症による炎症を同じ部位に繰り返す、いわゆる、慢性的に感染症を起こしているようなケースにおいて、炎症によって気管支周辺が厚みを増して繊維化してしまうということです。

典型的な症状としては湿性の咳が継続して起こりますが、びまん性の気管支拡張症では痰に血が混じったり吐血したりすることもあります。

気管支喘息

免疫トラブルによって、気道で慢性的に炎症が起こるアレルギー性の疾患です。

アレルゲンの侵入やストレスが原因で発作的に気道狭窄や閉塞が起こり、咳が止まらなくなり呼吸困難が起こることも頻繁にみられる疾患です。

胸部X線の影で疑われる病気

肺がん検診で肺に影があると言われて精密検査の必要性が指摘されたからといって、直ぐにがんと直結するわけではありません。

肺に炎症がある肺炎や結核といった疾患でも、局所的に炎症が強い場所があれば初期の肺がんに見えることもあります。

また、腫瘍が映っていたとしても、それが悪性のがんであるのか良性であるのかは分かりません。

粉塵を連続的に吸い込むような環境に居れば、蓄積した粉塵が影となって映り込むじん肺というものもあります。

胸部X線検査で肺がんが疑われた際に行われるのが、胸部CT検査です。

胸部CT検査を行いリンパ節の状態を確認することで、腫瘍が良性であるのか悪性であるのかが判断されます。

肺炎の場合は胸部CTの画像でもうっすらとした影が映ることになりますし、結核では結節と呼ばれる小さな粒状の影を見ることが出来ます。

喫煙者が意識する慢性閉塞性肺疾患(COPD)

喫煙が肺がんを助長する要因であることは明らかとされていますが、同じ喫煙が主要因である肺疾患に肺気腫(閉塞性肺疾患)があります。

慢性化した閉塞性肺疾患がCOPDと呼ばれ、咳・痰に始まり、軽い運動をしただけでも息が切れたり動悸が起こったりするといった肺がんと類似した症状があります。

肺は肺胞と呼ばれる無数の小さな部屋に分かれていますが、炎症によって肺胞が破壊され肺胞が大きくなったように見える疾患です。

肺胞の表面積の低下に伴って呼気と吸気のガス交換が低下し、呼吸困難が起こるようになります。

一時期、閉塞性肺疾患と肺がんの因果関係が取り上げられたこともありますが、肺がんとCOPDの合併頻度が高いというだけで、科学的な証拠は見出されていないようです。

タバコを吸っている人や喫煙歴の長い人は、肺がんのリスクと同時にCOPDのリスクも抱えています。

COPDが悪化すると深刻な酸素不足を引き起こすことになりますので、酸素ボンベを背負って生活しなければならないというようなこともあります。

精密検査の結果によって、肺がんで無かったからといって安心してはいけません。

参考文献

  1. がん情報サービス | 肺がん
  2. 国立がん研究センターのがんの本「肺がん」
  3. 公益財団法人 日本医療機能評価機構 Minds | 患者さんのためのガイドブック よくわかる肺がんQ&A
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る