肺がんの再発が疑われる症状

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

舟橋 均

この記事の執筆者

工学博士 舟橋 均

肺がんの治療が終了して再発の確認を行う期間は、再発がどのような場所に起こりやすいのかを把握し、それぞれの場所で再発した時に現れる初期症状を知っておくことが大切になってきます。

肺がんは初期症状がほとんど無いに等しいがんですので、症状から発見されるよりも定期検診や別のトラブルの検査の際に偶然発見されるケースが多くなります。

言い換えると、肺がんが発見された時には既に進行しており、転移が始まっているケースも少なくはありません。

すなわち、肺がんが再発する場合は遠隔転移が原因であり、想像もしていない部位から再発するということが多くなってきます。

もちろん、原発巣と同じ肺がんも再発リスクの高い部位の一つではありますが、がん細胞が移動しやすい肺からの血液の流れが活発な脳、骨、肝臓、副腎も再発リスクが高い場所になってきます。

肺がんの再発でがんが発症する可能性の高い部位は?

肺がんの再発には局所再発と遠隔転移の二種類があり、原因がどちらにあるかによって再発する場所に大きな差が出てきます。

いずれの場合も、原発巣のあった肺や近辺のリンパ節への転移が最も起こりやすいことは言うまでもありません。

しかし、肺に限定される局所再発に対して、遠隔転移ではがん細胞が原発巣のあった肺から反対側の肺に移動したり、血液の流れに乗って肺から離れた位置にがん細胞が定着したりすることもあります。

ちなみに、肺がんを治療するために行われる生検によって分かる非小細胞がんと小細胞がんといった組織型によっても、転移が起こりやすい場所は異なってきます。

もともと転移が起こり難い非小細胞がんでは骨に転移が起こりやすく、悪性度の高い小細胞がんでは脳への転移が多いと言われています。

局所再発が原因の場合

手術や放射線療法によってがんを根治したつもりでも、検出できないがん細胞が残っている場合には原発巣と同じ場所あるいはその近辺に肺がんとして再発してきます。

発見が遅れた場合には、近辺のリンパ節への転移が起こっている場合もあります。

リンパ節に転移した肺がんは広がりが速く、肺内リンパ節に始まり、肺門リンパ節、縦隔リンパ節、鎖骨上窩リンパ節、さらには、その上部に位置している前斜角節リンパ節などへと転移が広がっていきます。

遠隔転移が原因の場合

遠隔転移と呼ばれる転移によるがんの再発では、原発がんの反対側の肺に始まり、脳、骨、肝臓、副腎などが転移しやすい場所として知られています。

遠隔転移では、血液の往来が激しい場所ほど再発する可能性が高くなります。

脳細胞は常に酸素を必要としており、肺の働きによって酸素が豊富になった血液は確実に脳へと運ばれています。

また、血液中に存在する赤血球、白血球、血小板という血液成分は、必要に応じて骨髄に存在する造血幹細胞から分化して血液に供給されます。

血液中にがん細胞が侵入していれば、脳や骨にも確実に運ばれている可能性があるというわけです。

さらに、栄養素を代謝し血液中に供給する肝臓や合成されたホルモンなどを血液に供給する副腎にもがんが転移する可能性が高くなります。

肺がんが再発したかもしれない症状は?

全く何のバックグランドも無しにがんが発見される場合と異なり、患者は一度肺がんを治療し再発のリスクを意識して日々の体調をチェックすることになります。

従って、定期的な検査と相まって、再発によって発症したがんが発見される場合は初期がんである可能性が高くなってきます。

初期がんは症状が分かりにくいものも多く、定期的に検査しなければ発見できないこともありえます。

一方、検査を行いながらも体調の変化、特に、肺がんの再発で多く見られるという主要部位におけるがんの初期症状に注意しておくことによって、発見を早くすることが出来る可能性もあります。

肺がんについては経験済みですので改めて説明する必要がないかもしれませんが、遠隔転移における肺以外のがんの再発はどのような症状に注意すれば良いのでしょうか?

がん組織が成長することによって脳圧が上がり、頭痛や吐き気・嘔吐といった症状が出てきます。

また、がんが発生する場所によっては、視力や聴覚といった感覚障害や精神障害、あるいは痙攣や麻痺といった運動障害が出ることもあります。

骨への遠隔転移は体の中心にある骨に起こることが多く、骨がもろくなり骨折しやすくなったりがんが発症した骨に痛みを感じたりするといった症状が現れます。

肝臓

肝臓は代謝能力への影響力が強く、肝臓で発がんする代謝能力の低下に伴う倦怠感が主たる症状になってきます。

さらに進行すると、肝臓が腫瘍によって腫れることでしこりを感じることがありますし、黄疸や浮腫といった肝機能障害による症状が出ることがあります。

副腎

初期には症状が無いため発見されにくいがんです。

進行してがん組織が大きくなることによりしこりを感じるようになり、近隣の臓器や神経が再発したがんによって圧迫されて腹痛を感じることもあります。

参考文献

  1. 国立がん研究センターのがんの本「肺がん」
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る