がんの補完代替医療にかかる費用

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

現在、日本の医療現場で利用されているがんの補完代替医療の種類としては、健康食品・サプリメント、気功、灸、鍼が主なものになります。

ここでは、それぞれの補完代替医療を利用する時に、どれほどの費用がかかるのかを検証していきたいと思います。まずは全体像からみていきましょう。

1.補完代替医療にかかる1ヵ月あたりの費用

厚生労働省がん研究助成金の研究班が編集・作成した「がんの補完代替医療ガイドブック【第3版】」によると、1ヵ月あたりの補完代替医療にかかる費用の平均は月に57,000円、年間では684,000円と報告されています。

補完代替医療にかかる1ヵ月あたりの費用

出典:がんの補完代替医療ガイドブック【第3版】

この表を見てみると、1ヵ月に20万、30万円を補完代替医療にかけている人が一定数おり、中には50万円もかけている人もいるということです。

どれほどの金額をかけるかは、本人とその家族の決定になるとはいえ、かなりのお金が使われているということになります。

日本のがん患者が推定300万人おり、そのうち45%ががんの補完代替医療を利用していると考えると、市場規模が770億円/月、9,230億円/年となります。

2.それぞれのがんの補完代替医療にかかる費用

「がんの補完代替医療ガイドブック【第3版】」によると、日本のがん患者は健康食品・サプリメントの利用頻度が非常に高いという報告がなされています。

その他の補完代替医療とその割合は、以下の表のとおりになります。

利用している補完代替医療の種類
健康食品・サプリメント
(漢方薬・ビタミン剤を含む)
96.2%
気功 3.8%
3.7%
3.6%

参考:がんの補完代替医療ガイドブック【第3版】(2012年)p.14

健康食品やサプリメント以外の補完代替医療としては、気功や灸、鍼などがありますが、利用者の割合は3~4%程度とかなり低いことが分かります。

では、それぞれの補完代替医療の費用にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?1つずつ説明したいと思います。

2-1.健康食品・サプリメントにかかる費用

がんの補完代替医療として利用されている健康食品やサプリメントとしては、アガリクスやメシマコブのようなキノコ類のサプリメントやプロポリス、キチン・キトサン、サメ軟膏などがあります。

ここでは、代表的な健康食品・サプリメントの費用についてお伝えします。

2-1-1.アガリクス

がんの補完代替医療を利用している人の中でもダントツに人気があるのがアガリクスですが、価格もさまざまです。

安いものだと1ヶ月分2,000~3,000円程度で購入できるものもありますが、高いものだと1ヶ月分で20,000円くらいするものもあります。

価格に開きがある理由としては、メーカーの違いのほかアガリクスの含有量の違いや、国産のアガリクスを使用しているかどうかという点が挙げられます。

2-1-2.メシマコブ

キノコ類のサプリメントの中では利用者が少なめのメシマコブですが、安いものだと1ヶ月分が3,000円くらいからであります。

ただし、天然メシマコブやメシマコブの純度が高いものは、50,000~60,000円以上するものもあり、健康食品・サプリメントの中でも高額な方に入ります。

2-1-3.AHCC

キノコ類のサプリメントの中では、アガリクスに次いで人気の高いAHCC。こちらも料金には開きがありますが、相場は1ヶ月分で10,000円~30,000円程度と高めになっています。

2-1-4.プロポリス

優れた殺菌効果があることで知られているプロポリスですが、抗がん目的のために摂っている人も少なくありません。

プロポリスは、健康食品の中でも比較的お手頃価格で、安いものだと1ヶ月分が2,000円~3,000円くらいからあります。しかし、プロポリスの含有量が多く、品質もオーガニックのものなどは10,000円くらいが相場となります。

2-1-5.キチン・キトサン

海老の殻やカニの甲羅から取られたキチン・キトサンは、価格が1,000円前後~と、比較的低価格で利用することができます。

2-1-6.サメ軟膏

がんに効くとして知名度が高いサメ軟骨ですが、料金は2,000~3,000円くらいからあるので、手頃な価格ではあります。もちろん、含有量が多いものだと10,000円ほどするものもあります。

2-2.気功にかかる費用

気功は現在のところ、健康保険の対象外で自由診療となっています。

気功にかかる費用の相場は、初診料は0~2,000円、治療が10分あたり1,000~2,000円といったところです。

1時間の治療で6,000~13,000円と幅がありますが、複数回治療を受けると割引を受けられるサービスを実施しているところも多くあります。

詳しい内容や料金体系を知りたい場合は、ホームページなどをチェックしておくと良いでしょう。

また、気功がどういったものかイメージできない場合は、無料の気功体験教室などに参加して、雰囲気を味わってみるのも良いかもしれません。

2-3.鍼灸にかかる費用

鍼灸治療に関しては、保険が適用される場合もありますが、基本的には保険適用外の治療となります。

そのため、施術料金については、施術を受ける鍼灸院によって開きがあります。

2,000円前後で施術を受けることができるところもあれば、中には1回の施術料が1万円を超えるところもあります。

複数の鍼灸院を比較してみますと、ホームページに記載されている1回当たりの施術料金は5,000~7,000円というところが多いようです。

これに、2,000~3,000円の初診料や再診料がかかる鍼灸院もあります。初診料や再診料については、無料というところもありますので、鍼灸院に通院することを考えている場合は、あらかじめ初診料などについても確認しておくといいでしょう。

最初に少し触れましたが、一部の鍼灸治療では健康保険が適用されます。

以下の6つの疾患を患っており、医師の同意書がある場合には、健康保険の適用が可能です。

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頸腕症候群(けいわんしょうこうぐん)
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症(けいついねんざこういしょう)

健康保険が適用された場合の料金は、初検料1術(はり又はきゅうのいずれか一方)の場合1,610円、2術(はり、きゅう併用)の場合1,660円、施術料が1術1,270円/1回、2術が1,510円/1回となっています。

参考:厚生労働省保険局 はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給について(通知)

3.補完代替医療は全般的に高め

がんの補完代替医療については、健康保険が適用されないことが多いため、全般的に費用は高めとなります。

健康食品やサプリメントの場合は、含有量や成分の品質、またメーカーによって値段が変わってきますので、それぞれの成分の含有量なども比較して選ぶようにしましょう。

ただ、補完代替医療は続けていくことが必要になりますから、継続して利用した場合にトータルでどれくらいの費用がかかるのかという点も考慮しておくようにしてください。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る