がんと「気功」

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

厚生労働省が行った「がんの補完代替医療の利用実態調査」によると、日本の医療現場で3.8%ほどの方が気功を利用していると報告されています。

この割合は、漢方やビタミンを含む健康食品・サプリメントの割合(96.2%)に次ぐもので、灸治療(3.7%)、鍼治療(3.6%)よりも高くなっています。

ここでは、がんの補完代替医療として、気功にどんな効果が期待されているのか、また利用する際の注意点などについて解説していきます。

スポンサーリンク

1.気功とは?

気功は、気(生命エネルギー)によって本来持っている自然治癒力を高めたり、免疫機能を活性化させたり、体のバランスを整えたりして健康のレベルを向上させることを目指す健康法です。

気功には心身をリラックスさせ、血流やリンパの流れをスムーズにすることによって、体の生体機能を高めることができるとされています。

2.さまざまな症状や病気に効果があるとされている気功

日本では気功はまだまだ医療現場に浸透はしていませんが、中国では気功の効果が臨床試験によって検証され、有効性が認められたものは医療現場で活用されています。

中国で行われた気功療法の臨床試験によると、80種類もの病気で気功の効果が認められたとされています。糖尿病や高血圧症から消化器系、呼吸器系など幅広い範囲で気功の効果が認められているとのことです。

以下に有効性が認められたとされる症状の一覧を掲載いたします。

有効性が認められたとされる症状の一覧
消火器系 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃下垂・慢性胃炎・腸結核・慢性虫垂炎・急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変・慢性胆のう炎・便秘・消化不良
心血管系 冠状動脈硬化症・高血圧症・原発性低血圧症・心臓弁膜症心筋炎・レイノー病・血管閉塞性脈管炎・リウマチ
神経系 神経衰弱・不眠症・ヒステリー・胃腸神経症・心臓神経症・多発神経炎・進行性筋ジストロフィー・脊髄炎・自律神経失調症・中風後遺症・脳動脈硬化症・緊張性頭痛・冠状動脈硬化症
呼吸器系 肺結核・慢性気管支炎・気管支拡張症・珪肺(けいはい)がん・気管支喘息・急性気管支炎・気管支肺炎・肺気腫
血管系 鉄欠乏性貧血・栄養不良性貧血・再生不良性貧血
泌尿・生殖系 腎結核・栄養不良性貧血・慢性腎炎・前立腺炎・遺精(いせい)・ED・早漏
婦人科系 子宮付属器炎・機能性子宮出血・原発性無月経 生理痛・子宮脱出・子宮頸びらん・妊娠中毒症
五官科系 緑内障・視神経萎縮・近視・中心性網膜脈絡炎・視網膜色素変性・慢性扁桃腺炎・神経性耳聾・メニエール病

引用:気功メディカルセンター 気功の適応症・効果

3.がんの補完代替医療としての気功

米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究で、気功には放射線治療を受けている乳がん患者のうつ症状の軽減と生活の質(QOL)を向上させる効果があることが分かりました。

この研究は、中国上海にある復旦大学上海がんセンターに入院している乳がん患者96人を対象に行われたランダム化(無作為)比較試験によるものですので、結果の信頼性は高いと考えることができます。

無作為に選んだ49名の患者に気功を受けてもらい、それ以外の患者には標準的な治療を受けてもらって抑うつ症状、疲労、睡眠障害、生活の質(QOL)などを比較しました。

この研究では、特に抑うつ症状が重い女性にとって気功が有効に働くということが経過を観察していく中で明らかになってきました。

ただし、この研究を行ったチームの責任者は、気功の効果が患者の期待によるものなのか、もしくは低強度の運動を行ったものなのかの可能性を除外できないとしており、今後さらに研究を重ねていく必要を指摘しています。

参考:海外がん医療情報リファレンス 気功が放射線治療を受けている乳癌患者のQOLを向上させる/MDアンダーソンがんセンター

がんの補完代替医療として気功を用いようと考えたことがある方であれば、一度は「郭林(かくりん)気功法」というもの耳にしたことがあると思います。

この気功法は1950年代に子宮から膀胱にがんが転移し、余命半年と宣告された、郭林氏が、がんと気功で戦い、独特の呼吸法を実践していくことでがんを克服した経験に基づいて完成させたものです。

余命半年と宣告された郭林氏は75歳まで生き、その間に自ら考案した気功法を世の中へ広めていきました。

「郭林気功法」を実践することで、がんが消えたり、縮小したりするなどの変化が見られた患者は、今までに150万人以上(延べ人数)いるとされています。

ただし、科学的にがんと気功の関係が検証されてはいませんので、「郭林気功法」に効果があるといわれているからといって、気功にがんを消失させたり、縮小させたりする効果があると断言することはできません。

参考:気功メディカルセンター 気功とがん

4.気功療法を受ける際の注意点

気功を受ける際には、体のコリやハリ、歪みなどを整えてからにすることが勧められています。

というのは、体の状態が整っていない時に、気(生命エネルギー)が体内に送られると、全身の気の流れがおかしくなってしまい、体の一部分が熱を持ったり、頭がぼーっとしたり、特定の部位が痛くなるなどのトラブルが発生してしまうからです。

気功の世界では、こうした状態を偏差と呼んでいます。

参考文献

  1. 国立がん研究センター がん情報サービス | 代替療法(健康食品やサプリメント)
  2. 四国がんセンター 補完代替医療とは 大阪大学大学院 医学系研究科 統合医療学寄附講座
  3. 書籍 がん研が作ったがんが分かる本 【新装版】-初歩から最先端、そして代替医療まで
  4. 冊子 厚生労働省 「統合医療」に係る情報発信等推進事業 がんの補完代替医療ガイドブック【第3版】
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

チューリッヒ生命がん保険
メットライフガードエックス
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
医師の転職サイト
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る