がんは遺伝子(DNA)の病気?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がんという病気は、異常な遺伝情報(DNA)を持った細胞が増殖することで起こります。その意味では、がんは遺伝子の病気の一つといえます。

がんの原因は、間違ったDNAのコピー!

遺伝子

多くのがんでは、「腫瘍」が形成されます。これはがん細胞が、無秩序にどんどん細胞分裂してしまうためです。

私たちの細胞は、通常、きちんと一定の数が保たれるようにコントロールされています。たとえば約60兆個ある細胞が、気まぐれに70兆個や80兆個になることはありません。

ところが、がん細胞は誤った情報(DNA)を伝えられてしまっているため、その制御が働かず、自分勝手にどんどん分裂してしまいます。その結果、コブのような腫瘍となってしまうのです。

そんながんの始まりは、たった1個の細胞のコピーミスから始まります。正常な細胞分裂では、元の細胞が自分とまったく同じDNAを新たな細胞に伝達し、自分のコピーを作ってから死滅するのですが、この時にDNAが何らかの原因で損傷を受けると、正常なコピーができなくなってしまいます。

その結果、無制限に分裂を繰り返してしまうがん細胞となるのです。

免疫力が低下していると、DNAが修復されにくい

DNAの損傷というと、何か重大なことのように聞こえますが、実際は私たちの体内で日常的に起こっています。紫外線や活性酸素などの様々な要因によって、私たちのDNAは常にダメージを受けているのです。

ただし体には免疫機能があるため、傷ついたDNAは自動的に修復されます。修復できないほど傷ついたDNAを持つ細胞は、がん化を防ぐため、自ら死滅する「アポトーシス」という現象を起こすことが一般的です。

このように生物の体は、無事に生き永らえるために巧妙な仕組みを持っています。

しかし老化やストレスなどで免疫力が落ちていると、この自己修復システムがうまく働かず、がん細胞の増殖を許してしまうことがあります。これが、がんという病気の始まりです。

このように、がんは誤った遺伝情報(DNA)を持った細胞が増殖する病気ですので、遺伝子(DNA)の病気ということもできます。ただし、それが遺伝性のものであるかどうかは別の話です。

がん全体の中では、むしろ喫煙や食事などの生活習慣が原因になるケースのほうが多いといわれています。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!

遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る