遺伝カウンセリング・遺伝相談外来とは?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

相談

「自分は遺伝病だが、子どもを持っても大丈夫か」「がん家系なので、検査を受けたほうがいいか」など、遺伝に関する悩みは様々です。

大きな病院では、そのような相談に応じる遺伝カウンセリングを行なっていることがあります。

遺伝の悩みは遺伝カウンセリングで相談しよう!

がんの種類別遺伝的要因の可能性

遺伝にまつわる悩みは、なかなか人に相談することができず、本人は悩み苦しむことが多いといわれます。

たとえば遺伝性の病気のある家系に生まれた人は、子どもに同じ病気が遺伝することを恐れて、結婚自体をためらってしまう場合も少なくありません。

また、親族内にがんの患者が多い家系の人は、いずれ自分もがんになるのではと不安になり、遺伝子検査を受けるべきか悩むこともあります。

そんな時に利用できるのが、遺伝カウンセリング(遺伝相談外来)です。遺伝医学の専門的な知識を持ったカウンセラーが相談に応じる窓口で、誰もが気軽に利用することができます。

遺伝と病気に関する相談はもちろん、たとえばいとこ同士の結婚についてなど、遺伝に関わる疑問であればどんなことでも相談可能です。また遺伝子検査が必要と判断された場合は、検査の手続きを案内したり、その結果をもとに今後の方針を一緒に考えてくれたりもします。

遺伝の研究は日進月歩で進んでいるため、かかりつけ病院の医師では十分な知識を持っていないこともあります。より詳しく正確な回答を得るためにも、遺伝で気になることがある場合は、ぜひ遺伝カウンセリングを活用してみてください。

遺伝カウンセリングを受けるためには?

病院

遺伝カウンセリングを受けられる場所は、現在、大学病院などの大きな病院に限られています。

インターネットには、「全国遺伝子医療部門連絡会議」のHPをはじめ、「遺伝外来」「遺伝相談室」などの設置されている全国の医療機関を調べることができるサイトもあります。http://www.idenshiiryoubumon.org/list/index.html

遺伝カウンセリングは、1時間ほどかけてゆっくりと行われますので、予約制となっているところがほとんどです。

また一部の遺伝性疾患を持っている方を除き、基本的に健康保険は適用されず、自由診療扱いとなります。金額は医療機関により異なりますが、1回につき数千円~10,000円の間が相場です。

もちろんプライバシーは厳守されます。最新の情報をもとにしたアドバイスを受けるためにも、ぜひ遺伝カウンセリングを活用してみましょう。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

自宅で郵送でできる検査を受ける人が増えています。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスクを知ることができます。

遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

参考文献

  1. がん研有明病院 がんに関する情報 がんと遺伝
  2. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | がんと遺伝
  3. 北海道大学病院 網羅的ながん遺伝子診断とは?
  4. 株式会社DeNAライフサイエンス MYCODE
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る