ネットでできるがんの遺伝子検査徹底比較!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
遺伝子検査

現在、がんの遺伝子検査はインターネットを使って申込み、郵送で受けることが可能です。

郵送での遺伝子検査では、送られてきた検査キットに唾液を採取し返送するだけで、自分が持っている遺伝子(DNA)の型からかかりやすい病気の傾向やリスクを分析し、病気や疾病別に一般的な人より何倍リスクが高いのかがわかります。

がん遺伝子検査比較表

現在、遺伝子検査に関心を寄せている人は多く、 ネット上にはさまざまな遺伝子検査サービスが販売されていますので、がんを調べられる遺伝子検査を比較してみたいと思います!

会社名 DeNA ジェネシスヘルスケア ジーンクエスト エバージーン
サービス名 ヘルスケア GeneLife ZERO 遺伝子解析キット DearGene スターターキット
解析内容 3大疾病のがん・心筋梗塞・脳梗塞 等と体質の遺伝的傾向 生活習慣病などの疾患リスクや身体的特徴 生活習慣病などの疾患のリスクや体質の特徴など がん10種の発症リスク
解析項目数 約280個 約70個 約200個 10個
1項目当たりのコスト 約106円 約425円 約250円 498円
価格 29,800円 29,800円 49,800円 4,980円

現在提供されている4サービスを解析内容・解析項目数・1項目当たりのコスト・価格で比較してみました!

価格だけで比較してみると、ダントツで安いのが1番右側の「DearGene スターターキット」です。ただし解析項目数が10個とかなり少ない項目数になっています。

解析内容をみてみるとがん10種に特化した内容となっていますので、とりあえずがんだけわかればいいという方には入門用としてはいいでしょう。

ただし、私は1番左のDeNA「ヘルスケア」を受けました!(遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?)なぜなら、"コスパが非常にいい!"ということと、"一度にたくさんの項目を調べられる!"という理由からです。

まず表中の下から2段目の「1項目当たりのコスト」を比較してみると、1項目当たり約106円と、ダントツでコストが安くなっています。価格だけでみると先ほどの「DearGene スターターキット」が1番安いですが、こちらは1項目あたり498円ですので、コストパフォーマンスはかなり悪くなっています。

またDeNA「ヘルスケア」では、1度の検査で解析項目数約280個とこちらもダントツで検査項目数が多くなっています。

遺伝子検査ではがんの他にも、心臓病やその他疾患、体質なども調べることができるため、どうせ検査するならたくさん調べられた方がいいに決まっています。

また遺伝子は一生変わりませんので、一度解析しておけば一生使えます。DeNA「ヘルスケア」では、遺伝子の解析情報は保存されておりいつでも見ることができますし、最新の遺伝子情報がその都度更新されるようになっていますので、1度受けておけば一生自分の健康管理に使えるのです!

私はいろいろな遺伝子検査を比較した結果、DeNA「ヘルスケア」を申し込みましたが、皆さんも自分に1番メリットがある遺伝子検査はどれなのか、よく比較して検討してみましょう!

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

人気のがん遺伝子検査3選

遺伝子検査は人間ドックに比べると、比較的安価に検査ができるので、現在、人気が高まっています。

今回は、がんの遺伝子も解析可能な人気の遺伝子検査について、それぞれの特徴をご紹介します。

ジェネラルヘルスケア GeneLife(ジーンライフ)

日本で唯一の遺伝子解析を行う会社で、国内の中で最も実績のある会社です。がんの遺伝子検査ができるのは「GENESIS(ジェネシス)」という商品で、検査項目は360項目で世界最多です。

予防できるがん36項目の遺伝子検査が可能です。18歳以上から検査可能で、検査結果に基づくアドバイスやカウンセリングを受けることができます。

ただ、残念なのが解析結果の閲覧期限が1年間です。価格は、29,800円です。

DeNAライフサイエンス MYCODE(マイコード)

IT企業のDeNAと東京大学医学研究所が手を組んで始めた会社です。日は浅い会社ですが、DeNAと東大という知名度から、瞬く間に人気の遺伝子検査となりました。がん遺伝子を解析できるのは、MYCODEの「ヘルスケア」と「がんパック」という商品です。

20歳以上から検査可能で「ヘルスケア」はがんを含めた280項目、「がんパック」はがんに特化しており38項目です。

MYCODE会員を退会しない限りは、検査結果は常に閲覧可能で、さらに新しい研究結果が加わると常に検査結果が更新されます。

検査結果に基づくアドバイスや、カウンセリングも受けることができます。価格は「ヘルスケア」で29,800円、「がんパック」は14,800円です。

Genequest(ジーンクエスト)

東京大学発のバイオベンチャーとして、日本発の個人向け遺伝子解析サービスを始めた会社です。現在では、Yahoo!ジャパンと提携して、ヘルスデータラボとしてサービスを提供しています。

18歳以上から検査可能で、がん遺伝子が解析できるのは「ジーンクエストALL」という商品で、がんを含めた290項目について解析可能です。

一度検査を受ければ、その後も最新情報が更新され続けます。現在では、平均で月に十数項目のペースで検査項目が追加されています。

検査結果に基づくアドバイスや、カウンセリングもうけることができます。価格は、46,112円です。

今回ご紹介した3つの遺伝子検査は、どれも日本人に対する検査結果は信頼性が高いと評価されています。価格も選ぶ基準となりますが、アフターケアも重視して選ぶとよいでしょう。

最も人気が高いのは価格、項目の点からみるとジーンライフの「ジェネシス」です。ですが、こちらは検査結果の閲覧期限があるので、おすすめは「マイコード」か「ジーンクエストALL」です。

がんに特化するなら、マイコードのがんパックもおすすめです。「ジーンクエストALL」は他と比べると価格が高いですがキャンペーン期間を利用すると、お得に購入できます。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る