遺伝子がどう変化するとがんを発症するの?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

遺伝子

がんは遺伝子(DNA)の病気の一つだといえますが、遺伝子に異常が起こる背景には「元からの体質」と「後天的な原因」の2つがあります。

私たちの体を車にたとえると、前者は「ブレーキの故障」、後者は「修理エラー」と言い換えることもできます。

がんの原因となる遺伝子変異~ブレーキの故障

がんは、異常な遺伝情報(DNA)を持った細胞が増殖することで起こる病気です。なぜこのようなことが起こるのかというと、1つは「生まれ持った体質」が関係しています。

がん細胞は、正常な細胞と違って無秩序に分裂を繰り返すため、車でいうなら「アクセルが踏みっぱなしの状態」です。

通常、細胞の数は「細胞増殖因子」によってコントロールされていますが、がん細胞は誤ったDNAがコピーされてしまっているため、指令を受けていないにもかかわらず、どんどん増殖してしまいます。

しかし、私たちの細胞にはそれにブレーキをかける「がん抑制遺伝子」というものが備わっています。父親と母親からそれぞれ1個ずつ受け継いでおり、どちらか1個が壊れても、もう片方が正常に機能する限り、がん細胞の増殖を抑えることが可能です。

がん抑制遺伝子は、これまでに約30種類が発見されており、それぞれ抑制するがんの種類が異なります。

このように私たちの体は、2個のブレーキを備えて走る車に例えられるのですが、そのうち1個が生まれつき壊れている場合があります。

これが、いわゆる「がん家系」です。たとえば「BRCA1」や「BRCA2」というがん抑制遺伝子に変異があると、将来的に、乳がんや卵巣がんにかかる確率が高くなります。

もちろん、もう片方のブレーキが毎回必ず正常に働いてくれれば、がん化を防ぐことができるのですが、やはり1個しか機能できない分リスクは上がってしまいます。

がんの原因となる遺伝子変異~修理エラー

たとえがん抑制遺伝子が2つとも正常、つまりブレーキに先天的な問題はないとしても、私たちの体は常に様々なストレスにさらされているため、DNAの損傷はまぬがれません。

紫外線や放射線、活性酸素など、DNAにダメージを与える要素はたくさんあります。

そんな時、DNAを修復してくれるのが「免疫システム」です。私たちの体には、壊れたDNAがあると、速やかに修復するようなシステムが出来上がっており、知らない間に傷ついたDNAは正常に治されています。

もはや修復できないほどDNAが損傷を受けた細胞には、がん化する前に死滅させる「アポトーシス」という最後の手段まで用意されているのです。

ただしこのような免疫システムも、加齢やストレスなどによって免疫力が低下している場合は精度が落ちてしまい、がん細胞の増殖を許してしまうことがあります。これが修理エラーです。

上記のような2つの原因によって、がん細胞の異常増殖が起こると考えられています。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

自宅で郵送でできる検査を受ける人が増えています。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスクを知ることができます。

遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

参考文献

  1. がん研有明病院 がんに関する情報 がんと遺伝
  2. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | がんと遺伝
  3. 北海道大学病院 網羅的ながん遺伝子診断とは?
  4. 株式会社DeNAライフサイエンス MYCODE
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る