がんと遺伝子の突然変異

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

遺伝子

がんは、たった1つの細胞のコピーミスから始まりますが、その一因が遺伝子(DNA)の突然変異です。

遺伝子が突然変異をする原因としては、放射線や紫外線、タバコや食生活などが関わっていると考えられています。

がんは、DNAに付いた傷から始まる!

私たちの体は約60兆個もの細胞で成り立っていますが、多くの細胞にはそれぞれ寿命があります。生物は生まれてから死ぬまでの間、常にサイクルに従って細胞分裂を繰り返しているのです。

細胞分裂する際には、固体の情報が記録されたDNAを、子孫である次の細胞に正しくコピーする必要があります。

しかしその時、DNAに傷が付くなどして誤った情報が伝達され、細胞のコピーミスが起こることも少なくありません。コピーミスされた細胞は、私たちの体で1日5,000~6,000個も出来ているといわれます。

ただし私たちの細胞には、生まれつき「がん抑制遺伝子」が備わっています。その働きのおかげで、DNAに付いた傷は多くの場合自然と修復されますし、修復できない細胞は自死(アポトーシス)に導かれることが一般的です。こうした自浄作用によって、がん細胞の増殖は抑えられています。

しかし何らかの原因でがん抑制遺伝子がうまく働かないと、がん細胞が増殖してしまい、がんという病気になってしまうのです。

遺伝子の突然変異はなぜ起こるのか?

がんの始まりは細胞のコピーミスですが、その原因はDNAに付いた傷です。DNA(遺伝子)に傷が付く原因としては、以下のようなものが指摘されています。

DNAが傷つく原因

  • 化学的因子(タールやアスベストなど)
  • 物理的因子(紫外線や放射線など)
  • 生物的因子(DNAウイルスやRNAウイルスなど)
  • 遺伝的因子(がん抑制遺伝子の機能不全など)
  • 生活習慣(喫煙や飲酒、食生活など)

上記のような要因によってDNAに傷が付くと、その中にある遺伝子の情報に間違いが生じてしまい、細胞のコピーミスにつながります。こうした遺伝子の傷による変化を、遺伝子の突然変異といいます。

遺伝子が突然変異を起こしても、前述した通り多くの場合は自然修復もしくは自然淘汰されます。

しかし生まれつきがん抑制遺伝子が壊れている場合、もしくは老化やストレスなどによって体の免疫力が低下した場合などはうまくがん抑制遺伝子が働かず、がん細胞の増殖を許してしまいます。

特に喫煙は、DNAに傷を付ける最大の生活習慣といわれていますので、がん予防のためにもぜひ禁煙を心がけたいところです。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!

遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る