遺伝子検査「MYCODE(マイコード)」でわかること、わからないこと!

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

マイコード

私が受けた「MYCODE」のがん遺伝子検査ですが、万能な検査ではなく、わかることわからないことがあります。

「MYCODE」に限らず現在ネット上から郵送でできる遺伝子検査はどこもほぼ同じ方法をとっているため、遺伝子検査を検討している方はぜひご参考ください。

わかること

わかること

  • 病気や疾病の発症リスク
  • 体質の統計的な遺伝的傾向

郵送による遺伝子検査による解析結果は、あくまでも統計的な病気の発症リスクや、統計上の遺伝的傾向を調べるものです。

統計」というキーワードが重要になりますが、"あくまでも遺伝子に特定の塩基配列を持っている人は、統計上特定の病気を発症したり体質を持っていますよ~!"という程度のものです。

つまり、病気や体質を確定するものではありません!また統計上リスクが高かったとしても、病気は遺伝的傾向だけでなく、環境要因や生活習慣やストレスなど、その他のさまざまな要因に影響されるため、あくまでも統計的な結果にしか過ぎないのです。

かといって全く意味のないものではなく、統計上のデータを元にある程度のリスクはわかるわけですから、日常生活においての改善や効果的な予防をすることができます。

わからないこと

わからないこと

  • 医学的な病気の診断
  • 親子鑑定・血縁鑑定等の法医学鑑定
  • 単一遺伝子疾患や家族性腫瘍(遺伝性乳がん等)の検査

日本には"医療行為は医師以外が行ってはいけない"という医師法がありますので、「MYCODE」のがん遺伝子検査のような郵送による検査の場合は、確定的な病気の診断をすることはできません。

またよく本当の親子や血縁関係かどうか調べるDNA検査と呼ばれるものがありますが、これもできません。

その他ある遺伝子に変異があると、高確率で発症する単一遺伝子疾患や家族性腫瘍(遺伝性乳がん等)を検査するものでもありません。

以上のように郵送でできる遺伝子検査は病院のものとは違い、医師法というハードルがありますので、わかることとわからないことがはっきりとしています。

あくまでも統計上の発症リスクや体質がわかるものということをしっかりと理解した上で、ご自身の健康管理や予防に生かすとよいでしょう!

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る