がんの遺伝子検査で何がわかるの?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

遺伝子検査

現在、がんは日本人の死因NO.1なっていますが、最新のがんの検査方法としてがん遺伝子検査が非常に注目されています。

がんの検査方法にはCTやMRIなどの画像診断や、細胞診などさまざまな検査方法がありますが、遺伝子検査には他の検査ではわからないようなことがわかります。

がんの遺伝子検査でわかること

  • 遺伝的な要因のがんのリスクがわかります
  • 画像診断ではわからない微細ながんも発見できる!

それでは上記項目についてもう少し詳しく解説したいと思います!

遺伝的な要因のがんのリスクがわかります

遺伝子

遺伝子検査ではその人の遺伝子の型から発病しやすい病気を調べることができます。

そのため「がん」に限らず、心筋梗塞・糖尿病・骨粗しょう症・脳梗塞・アレルギーなど、さまざまな病気のリスクを判定することができます。

また「がん」の中でも、胃がん・肺がん・食道がん・大腸がん・腎臓がん・膀胱がん・前立腺がん・上咽頭がんなど個別のがんのリスクを、それぞれ判定することもできます。

画像診断ではわからない微細ながんも発見できる!

発見

遺伝子検査は細胞よりもさらに小さい遺伝子を調べるものですから、がん細胞がとても小さい微細な状態でも発見することができます。

例えば血液を調べることで、 小さながん細胞から血液中に放出された遺伝子(DNA)を発見できますので、身体にがん細胞が存在するかどうかがわかります。

現在一般的に行われているCTやMRIなどの画像診断や内視鏡検査では、がん細胞の直径がおおむね5mm以上でないと確認できませんが、遺伝子検査では直径5mm以下の微細ながん細胞でも発見することが可能です。

遺伝子検査をすることでがん細胞を超早期発見することができますし、治療後の再発予防にも利用できます。

ただし、これは病院で行う診断を目的とした遺伝子検査の場合で、郵送で行う遺伝子検査では微細はがんは発見できません。

以上のようにがんの遺伝子検査では、従来の検査法ではわからなかったようなことまでわかるようになりました。まさに次世代の検査方法だと言えます。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

病院で検査を受けるのはもはや時代遅れになりつつあります...。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスク、そしてなにより予防に努めましょう!遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

参考文献

  1. がん研有明病院 がんに関する情報 がんと遺伝
  2. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | がんと遺伝
  3. 北海道大学病院 網羅的ながん遺伝子診断とは?
  4. 株式会社DeNAライフサイエンス MYCODE
  5. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る