「がん抑制遺伝子」とは?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

がん抑制遺伝子

私たちの体を構成する、約60兆個もの細胞は、常に分裂を繰り返して新たな細胞へと生まれ変わっています。

その途中でがん化する細胞が出てきた時、ブレーキのような役割を果たしてくれるのが「がん抑制遺伝子」です。

「がん抑制遺伝子」は、がん細胞の増殖を抑えてくれる!

私たちの体は常に同じ細胞で出来ているわけではなく、細胞分裂によってどんどん新たな細胞へと生まれ変わっています。細胞は死滅する前に、固体の情報を記録したDNAを次の細胞に正しく伝え、うまく世代交代しているのです。

しかしこの時、DNAのコピーがうまくいかず、誤った情報が伝達されることがあります。

私たちを死に至らしめることもある「がん」という病気は、そんなほんの小さな細胞のコピーミスがきっかけです。しかもコピーミスされた情報を持ったがん細胞は増殖が速く、どんどん私たちの体をむしばんでいきます。

ただしがん細胞は、私たちの体の中で1日に数千個も出来ているといわれます。つまりコピーミスは日常的に起こっているのです。しかしそれが、がんという病気につながらないのは、私たちの細胞にもとから備わっている「がん抑制遺伝子」のおかげだと考えられています。

がん抑制遺伝子は、がん遺伝子のアクセルにブレーキをかけてくれる存在です。異常な細胞が増えないよう、がん細胞の分裂を抑制したり、DNAに付いた傷を修復したり、もしくはがん細胞が自滅(アポトーシス)するように働きかけたりします。

がん抑制遺伝子のおかげで、私たちの体は常に守られているのです。

がん抑制遺伝子が壊れると、がんになる!

がん抑制遺伝子は、現在およそ30種類が発見されています。「p53」「RB」「MLH1」などが代表的で、それぞれ抑制するがんの種類が異なる点が特徴です。

がん抑制遺伝子は、私たちの細胞に生まれつき2個ずつ入っています。1つは父親から、もう1つは母親から受け継いだものです。

つまりブレーキを2個持って生まれていますので、もし1つが正常に働かなくても、もう1つがきちんと機能すれば、その細胞はがん化せずに済みます。

しかし何らかの原因で両方のブレーキが正常に働かなかった場合、その細胞はがん化をまぬがれることができません。

遺伝

特に生まれつき片方のがん抑制遺伝子に変異がある人は、最初から1個のブレーキが壊れた状態で走っているようなものですので、それだけがんにかかりやすくなります。これが、いわゆる「がん家系」です。

ただし、がんの発生には生活習慣も深く関わっているため、すべてのがん患者さんにがん抑制遺伝子の先天的な変異が見られるわけではありません。

がん遺伝子検査MYCODE-マイコード-
女性向け遺伝子検査キット

自宅で郵送でできる検査を受ける人が増えています。病気になる前に遺伝子検査をして、自分が遺伝的にかかりやすい病気の傾向やリスクを知ることができます。

遺伝子は一生変わらないので、一生の内に一度検査すればOKです。⇒ 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」をやってみた結果!?

参考文献

  1. がん研有明病院 がんに関する情報 がんと遺伝
  2. 慶應義塾大学病院 KOMPAS | がんと遺伝
  3. 北海道大学病院 網羅的ながん遺伝子診断とは?
  4. 株式会社DeNAライフサイエンス MYCODE
  5. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がん情報サイト「オンコロ」
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る