協力メンバー

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.9.29

医療従事者

こちらのページでは、当サイト内の記事の執筆やご監修をいただいたドクター・専門家の方など、何らかの形で弊社にご協力くださった先生方を一覧にしてまとめております。

当サイトは一般ユーザーに癌に関するさまざまな情報を配信しておりますので、ご協力いただける先生はぜひご連絡ください。お問い合わせフォーム(Mail: freeb.main@gmail.com

メンバー一覧

倉都 滋之

ベルランド総合病院 整形外科リハビリテーション科 副院長/部長

医師 倉都 滋之

(学歴)

  • 1985年 徳島大学医学部卒
  • 1994年 大阪大学大学院医学研究科博士過程修了

(職歴)

  • 1985年 大阪大学整形外科学教室に入局
    以後大阪大学整形外科関連病院に勤務した後
  • 2000年 大阪大学医学部病理病態学教室大学院入学
    主に軟部悪性腫瘍の増殖能についての基礎研究に従事
  • 1995年 大阪大学整形外科助手 骨軟部腫瘍グループで臨床基礎研究に従事
  • 1997年 大阪大学整形外科講師(学内)
  • 1998年 国立病院機構呉医療センター 骨・運動器センター長
  • 2011年 ベルランド総合病院 整形外科部長
  • 2012年 同 副院長 現在に至る

(資格)

  • 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊髄脊椎病医
  • 日本リハビリテーション医学会 代議員 専門医・指導医・認定臨床医
  • 中部日本整形外科災害外科学会評議員

(コメント)

稀少がんである骨軟部悪性腫瘍の診断と治療は、長い間他の癌腫に比べてその歩みは停滞していました。しかし、近年PETなど画像診断の進歩や新規の抗がん剤、分子標的薬の登場によってブレイクスル―を迎えようとしています。しっかり吟味した上で、できる限り有用な情報をこの分野にご興味のある方々に提供していきたいと思っています。

及川 明奈

東京都済生会中央病院 乳腺外科 副医長

医師 及川 明奈

(略歴)

  • 1997年筑波大学医学専門学群卒業 2003年筑波大学大学院医学研究科修了
    その後筑波大学附属病院及び関連病院にて一般外科医(消化器・乳腺)として勤務
  • 2012年より東京都済生会中央病院 乳腺外科勤務

(資格)

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医
  • 検診マンモグラフィー読影 認定医
  • 乳房超音波検査 認定取得医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
  • 乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施医師

(コメント)

乳がんに関する情報は様々な形で氾濫しており、それが混乱や不安を煽ってしまっている現状があります。また乳がんは比較的若い女性がかかる病気として、病気そのものの治療だけではなく、乳房の整容性だったり、生活との両立であったり、妊娠出産を含めた将来のことだったり様々なことを総合的に考えていく必要があります。医療者としてわかりやすく情報提供するとともに、女性として同じ目線から治療方法を一緒に考えていくことを心がけております。

小関 淳

日本大学病院 乳腺内分泌外科 助手 病棟医長
女性医療クリニックLUNAグループ 乳腺外科担当

医師 小関 淳

(学会・団体)

  • 日本外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本甲状腺外科学会
  • 日本内分泌外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本乳癌画像研究会v
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリ-学会

(得意な治療・施術)

乳癌または再発乳癌における手術、抗癌剤治療、分子標的治療、ホルモン治療。乳房再建におけるパラメディカルピグメンテーション。

(診療科目)

乳腺外科

(資格)

  • 医学博士
  • 日本外科学会 専門医
  • 日本乳癌学会 認定医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 厚生労働省 臨床研修指導講習会終了
  • 厚生労働省健康局長 医師緩和ケア研修会終了
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリ-学会 乳房再建実施登録医
  • Bio-Touch Paramedical Procedures Course取得

(経歴)

  • 2004年日本大学医学部卒業後、初期臨床研修医を経て、2006年同大学乳腺内分泌外科教室に入局。
  • 2010年同大学生化学教室大学院卒業し医学博士学位取得後、埼玉県北部の本庄総合病院に出張となり、乳腺外科を開設し外科医長となる。
  • 2015年4月よりお茶の水にある日本大学病院の乳腺内分泌外科へ異動となり、2016年4月より助手、病棟医長となり、現在に至る。
  • 女性医療クリニック・LUNAグループでは、2009年11月より、乳腺外来を開設し勤務。

(主な著書)

月刊 新医療 「乳癌診療における乳房MRIの役割」 メディアニュース出版 平成26年4月

(HPなど)

女性医療クリニックLUNAグループ

(メッセージ)

自分は、女性医療クリニック・LUNAでは乳癌検診やその二次精査の診療を行っています。一方、大学病院では、乳癌患者さんにおける手術、抗癌剤治療、分子標的治療、ホルモン治療と再発乳癌の患者さんを非常に多く診察しています。乳房や乳癌に関わるあらゆる悩みにアドバイス出来れば光栄です。

中村 仁美

女性医療クリニックLUNAグループ

医師 中村 仁美

(学会・団体)

  • 日本皮膚科学会正会員
  • 日本美容皮膚科学会正会員
  • 日本東洋医学会 正会員

(得意な治療・施術)

保険診療での皮膚科の治療と美容皮膚科での治療に、さらに体質改善としての漢方治療

(診療科目)

皮膚科、美容皮膚科

(資格)

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

(経歴)

  • 北里大学医学部卒業。
  • 卒業後は、都内大学病院・総合病院にて研修を行った後、皮膚科医・美容皮膚科医として研鑽を積み現在に至る。ルナクリニックでは皮膚科・美容皮膚科・漢方皮膚科外来を担当している。

(主な著書)

スポニチ美女医コラム 隔月連載

(HPなど)

(メッセージ)

皮膚は人体の中で最大の臓器とも表現されることもあれば、触れ合うことで気持ちを伝えられる(スキンシップ)という意味で愛を伝える臓器とも表現されます。私自身はスキンケアに幼少期より興味があり皮膚科学に魅せられ、皮膚科医師としてこれまで研鑽を積んで参りました。皮膚科医・美容皮膚科医としての私の役割は患者さん一人ひとりがそれぞれ持ってうまれた皮膚をより良く・より美しくしていくための最適な提案をさせていただくことだと思っております。

大林 美貴

女性医療クリニックLUNAグループ

医師 大林 美貴

(学会・団体)

日本産婦人科学会

(得意な治療・施術)

婦人科一般

(診療科目)

婦人科

(資格)

日本産科婦人科学会専門医

(経歴)

日本産科婦人科学会専門医。2005年徳島大学医学部卒業。同年4月より徳島赤十字病院勤務を経て、2007年から2013年まで湘南鎌倉総合病院にて勤務。2009年より、女性医療クリニック・LUNAグループ勤務。2016年5月心斎橋へ移動。

(主な著書)

  • anan 1899号「人に言えない悩み、ま だまだあります」(全6P)
  • 日経BP社 日経WOMAN 平日夜&週 末で疲れとストレスをリセット!疲れが取 れる!「正しい休み方」!
  • セブンティーン ティーンの生理
  • anan 基礎体温チェックでカラダと心の リズムを知ろう
  • 日経WOMAN 明日、心とカラダが軽くなる!

齋藤 隆裕

中医臨床センター センター長
鍼灸らせん堂 院長
正中山遠壽院 「荒行堂 百日大寒行」東洋医学顧問

はり・灸・あん摩マッサージ指圧師 齋藤 隆裕

(学会・団体)

  • 中医学ネットワーク 事務局長
  • 日本東方医学会 所属

(得意な治療・施術)

脳血管障害の片麻痺に対する醒脳開竅法、認知症の改善に対する三焦鍼法など、中医学を取り入れた針・灸・推拿を主とした治療を得意とする。 がんについては温灸を用いた治療を行い、自宅施灸も指導している。

(診療科目)

はり・灸・按摩マッサージ指圧

(資格)

はり師・灸師・あん摩マッサージ指圧師。
鍼灸学校教員資格

(経歴)

  • 鍼灸学校教員養成課程卒業後、天津中医学院(現・中医薬大学)へ留学し、碩士(修士)課程終了。
  • 2005~2010 牧田総合病院 牧田中医クリニックにて助手として脳血管障害の治療に当たる。
  • 2010~2017社団法人老人病研究会における「三焦鍼法」認知症に対する鍼療法の実施に参加。

(HPなど)

(メッセージ)

はり・灸・あん摩マッサージ指圧は国家資格ですが、残念ながら現在はガンに対しては鍼灸治療に健康保険が使えません。また東洋医学として巷にあふれる情報も玉石混淆で、患者のみなさまが戸惑うことも多いかと思います。その中で、患者・ご家族・医療者など多くの人が東洋医学を選択する時に有益な情報を発信したいと思います。

(監修記事一覧)

ボディーデザイナー
ダイエットアドバイザー
ルナクリニック専属トレーナー
ピフィラティス公認インストラクター

はり・灸・あん摩マッサージ指圧師 峯尾 賢(みねお まさる)

(学会・団体)

学校法人 後藤学園 中医学研究所 中医臨床センター

(得意な治療・施術)

心身のバランスを調整し自己治癒力を高める鍼灸治療。生活習慣病からくる辛い症状を緩和させる針灸治療や運動療法。尿もれや内臓臓器脱などの骨盤底筋の緩みからくる症状に対する運動療法。全ての方のダイエット指導など

(診療科目)

鍼灸マッサージ治療、運動指導

(資格)

  • はり師・きゅう師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • ダイエットアドバイザー
  • ピフィラティス公認インストラクター

(メッセージ)

健康な身体を維持するには、栄養、運動、休養の3つのバランスがとれていることが重要な要素になります。こと現代に於いては、それらを何かしらの阻害する因子あって自身それに気づかないで生活しているのも事実です。不定愁訴、未病というものもこれに当てはまると思います。その何かを、見つけ出し、お困りの症状の緩和や予防のための治療や運動指導、生活指導をコチラではおこなっていきます。健康的で笑顔のあふれる生活を送っていただきたい、それが私たちの願いです。

(監修記事一覧)

江原 靖子

鍼灸マッサージサロン揺らぎ 院長
せんねん灸セルフケアサポーター

はり・灸・あん摩マッサージ指圧師 江原 靖子 (えはら やすこ)

(学会・団体)

  • 千葉県鍼灸師会
  • 日本不妊カウンセリング学会

(得意な治療・施術)

女性における様々な不調に対しての鍼灸治療、そして、アーユルヴェーダ(インドの伝承医学)に基づくアロマ配合のオイルマッサージを得意とする。 また、お灸でのセルフケア指導。

(診療科目)

鍼灸マッサージ

(資格)

はり師・灸師・あん摩マッサージ指圧師

(経歴)

2015年 鍼灸マッサージサロン揺らぎ 開業

(HPなど)

市川市南行徳の鍼灸院「鍼灸マッサージサロン 揺らぎ」

(メッセージ)

多くの方の痛みが軽くなること、心身の不調が改善されること、また不安が解消されることなど、それらを鍼灸マッサージを通じてサポートさせていただきたいと思います。

(監修記事一覧)

佐藤 典宏

産業医科大学 第一外科

医師 佐藤 典宏

(略歴)

1993年 九州大学医学部卒。外科医として研修後、九州大学大学院へ入学。学位(医学博士)を取得後、2001年から米国ジョンズホプキンス医科大学に留学し、膵がんの分子生物学を研究。2006年より九州大学大学院腫瘍制御学助手、2012年より産業医科大学第1外科助教、現在、産業医科大学第1外科学内講師。

(資格)

日本外科学会指導医・専門医、日本がん治療認定医、日本消化器外科学会指導医・専門医、日本消化器がん治療認定医

(コメント)

消化器がんに対する外科治療のかたわら、すい臓がんに対する最新の診断・治療法を研究しています。1993年 九州大学医学部卒。外科医として研究後、九州大学大学院へ入学。学位(医学博士)を取得後、2001年から米国ジョンズホプキンス医科大学に留学し、膵がんの分子生物学を研究。2006年より九州大学大学院腫瘍制御学助手、2012年より産業医科大学第1外科助教、現在、産業医科大学第1外科学内講師。

後藤 宏顕

東海大学医学部客員准教授 
わたクリニック 副院長
予測医学研究所 所長

医師 髙山 哲朗

(職歴)

  • 平成14年~16年 慶應義塾大学病院内科
  • 平成16年~17年 東京歯科大学市川総合病院
  • 平成17年~18年 北里研究所病院
  • 平成18年~22年 慶應義塾大学病院消化器内科、大学院博士課程
  • 平成22年~24年 埼玉社会保険病院
  • 平成24年~現在 わたクリニック副院長
  • 平成26年~ 東海大学医学部客員准教授、予測医学研究所所長
  • 平成27年~ NPO法人PEGドクターズネットワーク理事
  • 平成28年~ PEG・在宅医療研究会データベース委員

(学歴)

  • 平成14年 慶應義塾大学医学部卒業
  • 平成22年 慶應義塾大学大学院博士課程医学研究科内科系専攻単位取得退学
  • 平成23年 医学博士

(資格)

医師、日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、日本医師会認定産業医

(コメント)

がんの情報があふれています。その中には非常に参考になるものから倫理観の欠如した何の根拠もないものまで様々です。現在私は在宅医療、緩和医療を中心としたわたクリニックに勤務する傍ら、内科医、消化器内科医として診療、検査に従事しています。大学勤務時代から現在まで研究も続けており、近年では予測医学研究所において人工知能を使用し予測を中心とした研究を大学や研究機関と共同して行っています。 医学的な根拠、これまでの診療及び研究での経験に基づいた公平で確かな情報をお伝えしていきたいと考えています。フジテレビのネットニュース ホウドウキョクx FLAG9 ニュースなヤマイにも定期的に出演しています。

平澤 精一

マイシティクリニック

院長 平澤 精一

(略歴)

富山県生まれ、1981年日本医科大学卒業、1986年日本医科大学大学院医学研究科卒業、日本医科大学泌尿器科助手を皮切りに河北病院泌尿器科等を経て、1992年マイシティクリニック院長、1996年医療法人社団医精会理事長。2013年より東京医科大学地域医療指導教授

(学会)

日本泌尿器科学会会員(1987年~日本泌尿器科学会専門医)・日本性感染症学会会員、日本抗加齢学会会員、日本Men’s Health医学会会員・Orthomolecular Medical Nutrition Course(分子栄養学)終了

(肩書・役職等)

医学博士・医療法人社団医精会理事長・マイシティクリニック院長・東京医科大学地域医療指導教授 

(コメント)

日々の診療の中での地域医療への貢献とともに、メディアを介して、泌尿器科疾患、男性更年期障害、性感染症などの周知・啓蒙にも力を入れています。また、医学生の教育や実習にも関わり、質の高い医師の育成に微力ながら協力しています。

後藤 宏顕

江戸川病院 腫瘍血液内科 医長

医師 後藤 宏顕

(略歴)

  • 2004/3 千葉大学医学部卒業
  • 2004/4 船橋市立医療センター 初期臨床研修医
  • 2006/4 がん研究会有明病院 消化器外科レジデント
  • 2008/4 がん研究会有明病院 化学療法科レジデント (2008/1-2008/7 がん研究会有明病院 緩和ケア科研修)
  • 2010/4 江戸川病院 腫瘍血液内科 (2011/1-2011/3 聖路加国際病院 緩和ケア科研修)

(専門分野) がん薬物療法(抗がん剤治療)がん緩和ケア

(コメント)

残念ながら標準治療ですら地域一般病院ではしっかりと行われていないのが現状です。がん研での経験を生かして、最新のデータに基づいた標準治療の導入を行うことを目指しています。またがんに伴う身体と心のつらさに対しても治療早期から積極的に関わっていきたいです。

判田 直子

江戸川病院 腫瘍血液内科 医長

医師 判田 直子

(略歴)

  • 1996年3月 東北薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 1996年4月 薬剤師資格取得
  • 1996年4月~万有製薬株式会社 入社
  • 2000年3月 万有製薬株式会社 退社
  • 2002年4月 東海大学医学部入学
  • 2006年3月 東海大学医学部卒業
  • 2006年5月~2011年3月 東海大学医学部附属病院内科研修
  • 2011年4月~2013年3月 都立墨東病院血液内科
  • 2013年4月~江戸川病院腫瘍血液内科
  • 2014年 4月 血液内科専門医取得し現在に至る 腫瘍血液内科 医長

(コメント)

悪性腫瘍を患うことは決して珍しくない時代となってきました。最近の化学療法は支持療法の進歩に伴い、辛い、きついというイメージとは全く違うものとなっています。辛くない化学療法を目指して全力でサポートさせていただきます。

江戸川病院

医師 南方 邦彦

(略歴)

  • 2002/3 筑波大学医学部卒業
  • 2002/4 順天堂大学付属順天堂医院にて研修
  • 2005/4 順天堂大学 呼吸器内科入局
  • 2008/4 順天堂大学大学院 呼吸器内科学・がんプロフェッショナル養成プラン入学
  • 2012/3 医学博士取得・がんプロフェッショナル養成プラン修了
  • 2014/8 江戸川病院 呼吸器内科部長 兼 腫瘍血液内科医長

(コメント)

患者さん中心の医療を目指しています。 がんは決して珍しい病気ではなく、男性の2人に1人、女性の3人に1人が生涯のうちにがんに罹ると推測されています。 がんと向き合い、一緒に人生について考えていければと思っています。

川本 徹

みなと芝クリニック 院長

医師 川本 徹

(略歴)

  • 1987年 筑波大学医学専門学群卒業
  • 1993年 筑波大学大学院医学研究科修了
  • 1996年 筑波大学臨床医学系外科(消化器)講師
  • 2003年 米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター客員講師
  • 2008年 東京女子医科大学消化器病センター外科非常勤講師
  • 2010年5月より、 みなと芝クリニック 院長
  • 2013年 東邦大学医学部医学科 客員講師

(コメント)

「“メスをとれる内科”たる外科医になれ」。私は筑波大学大学院修了後、筑波大学附属病院の消化器外科で研鑽を積みました。日中に手術をし、夜間は救急対応をする生活を約10年間、送りました。この間にプライマリーケア(病気の初期診療)の技術を相当に磨くことができました。この経験が、現在の開業医の診療に大変生きています。今後も医療の最新情報に目を配りながら、改善を重ね、進化しつづけるクリニックでありたいと思います。

中島 康雄

森山記念病院 大腸・肛門外科部長

医師 中島 康雄

(略歴)

  • 滋賀医科大学 卒
  • 京都で一般外科、大腸肛門科医として活躍。2003年9月より東葛辻仲病院に勤務。 東葛辻仲病院副院長、アルト新橋胃腸肛門クリニック院長を歴任。2016年6月より森山記念病院 大腸・肛門外科部長に就任。肛門疾患診療を多数経験し、大腸内視鏡検査経験も豊富である。また、痔瘻の超音波診断を数多く手掛けている。

(コメント)

腸疾患についても、多くの方を診察、治療してきました。特に、大腸内視鏡検査は無送気軸保持短縮法による無痛挿入法にて1万件以上の経験があります、症状がある方 だけでなく、便潜血陽性で2次検査が必要な方もぜひ受診してください。

北川 光一

東戸塚メディカルクリニック

院長 北川 光一

(略歴)

  • 2003 旭川医科大学医学部卒業
  • 2003 東京女子医科大学消化器病センター外科
  • 2005 麻酔科・救急救命センター
  • 2005 星野病院
  • 2006 尾原病院
  • 2007 西横浜国際総合病院外科消化器科
  • 2008 東京女子医科大学消化器外科学教室助教
  • 2008 肝臓外科・肝移植外科班
  • 2013 東京女子医科大学博士(医学)
  • 2014 上福岡総合病院消化器外科
  • 2015 東戸塚メディカルクリニック 院長就任

(コメント)

当院では、日本消化器内視鏡学会専門医である院長が苦痛の少ない経鼻内視鏡や大腸内視鏡を用い、消化器疾患や健診後の精査などにあたっておりますお子様をお連れのご家族にも安心してお通いいただける環境づくりを心がけております。地域の皆様にとって敷居の低い医院をめざしております。どうぞお気軽にご来院ください。

鎌田 修平

千葉大学附属病院 泌尿器科

鎌田 修平

2011年千葉大学医学部卒。泌尿器科医として手術や日常診療の研修後、千葉大学大学院へ入学。前立腺癌をはじめとした尿路悪性腫瘍について研究中。

(コメント)

医師として日々診療を行う傍ら、正しい医療知識を普及することをライフワークとして活動しています。

笠井 創

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室

院長 笠井 創

(略歴)

  • 昭和52年 千葉大学医学部卒
  • 同・耳鼻咽喉科学教室入局
  • 同・大学病院手術部麻酔科研修
  • 千葉労災病院耳鼻咽喉科研修
  • 昭和58年 千葉大学医学部大学院卒(医学博士)
  • 国保君津中央病院耳鼻咽喉科医長
  • 昭和60年 国立がんセンター病院頭頚部外科医員
  • 昭和63年 国家公務員等共済組合連合会/横須賀共済病院耳鼻咽喉科医長
  • 千葉大学医学部耳鼻咽喉科非常勤講師兼任
  • 平成 2年 耳鼻咽喉科気管食道科笠井クリニック(横浜)開設
  • 平成11年 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室開設

(コメント)

耳鼻咽喉科の領域の病気の治療は、お薬を処方しても治り切らず、ある程度の期間、通院が必要になる場合が多いことが多いです。そのためできるだけ痛みの少ない治療を行い、通院期間も短くなることを目指しています。

清水 なほみ

ポートサイド女性総合クリニック

院長 清水 なほみ

(略歴)

2001年広島大学医学部医学科卒業 広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業 日本産科婦人科学会専門医 日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

(所属学会)

日本産婦人科学会・日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会

(コメント)

同じ女性の立場で、どうすれば心と体の健康を自分の力で取り戻せるのか、一緒に考えていきたいと思います。 一般的な検査や治療だけでなく、カウンセリングだけでがんを含めた「病気をやめる」方法もご提供しています。あなたが「ビバリータ」になるお手伝いをさせてくださいね。

室井 和美

あおば通りかずみクリニック

院長 室井 和美

(略歴)

  • 福島県生れ
  • 会津女子高等学校 卒業
  • 2000年 順天堂大学医学部 卒業
  • 2000年~ 公益財団法人 宮城厚生協会 坂総合病院
  • 2006年~ 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院(千葉県)
  • 2008年~ 医療法人成和会 山口病院(千葉県)
  • 2009年~ 赤坂ブレストインターナショナルクリニック
  • 2010年~ 医療法人社団新宿レディースクリニック会 新宿レディースクリニック・東京レディースクリニック
  • 2011年~ 医療法人浄仁会 大泉記念病院
  • 2015年~ 医療法人仁泉会 みやぎ健診プラザ
  • 2016年~ あおば通りかずみクリニック開院

(主な資格)

日本産科婦人科学会認定専門医・日本医師会認定産業医・マンモグラフィー読影Aランク

(コメント)

『もっと身近なかかりつけの婦人科を作りたい』という想いから、 このクリニックを開業しました。「少しかゆみがあるな・・・」「おりものが気になるな・・・」と思いながらも、恥ずかしさや怖さがあって、なかなか婦人科に行けなかった方も、気軽に検査や治療に来られる場所にしたいと思っています。思春期、更年期、老年期など、女性ならではの不調にお悩みがございましたら何なりとご相談ください。

稲葉 岳也

いなばクリニック

院長 稲葉岳也

(略歴)

東京慈恵会医科大学卒業後、慈恵医大附属病院、聖路加国際病院で勤務、2004年に、いなばクリニックを開業。医学博士。日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本レーザー医学会認定医、日本アレルギー学会専門医。

(コメント)

アレルギー疾患の総合的治療、レーザー治療が専門。 耳鼻咽喉科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、形成外科、呼吸器内科、アレルギー科を主体とした総合アンチエイジングクリニックにて、幅広い視点で総合的な診療を行っている。 最新のレーザー機器を導入した最先端医療を行っており、さらに、かかりつけ医として、幅広い年齢層を対象としたホームドクターとして、地域密着の診療を行っている。

菅原 道仁

菅原脳神経外科クリニック

院長 菅原 道仁

(略歴)

  • 1997年 4月 国立国際医療センター 脳神経外科
  • 1999年 9月 国立病院 東京災害医療センター 救命救急科
  • 2000年 4月 医療法人社団 北原脳神経外科病院勤務
  • 2004年 4月 医療法人社団 北原脳神経外科病院 診療部長就任
  • 2007年 4月 医療法人社団 北原脳神経外科病院 副院長就任
  • 2010年12月 北原ライフサポートクリニック 院長
  • 2012年12月 日本健康教育振興協会 会長
  • 2014年 3月 四谷メディカルクリニック 院長
  • 2015年 6月 菅原脳神経外科クリニック 院長

(コメント)

たくさんの患者さんとの診療経験の中から、「お互いに考える医療」「人生目標から考える医療」の診療スタイルを確立し、皆さんが笑って過ごせる毎日をおくるために診察、治療をしています。医師という立場を超えて、皆さんのよき友人として、より良い医療を提供しつづけていきますのでよろしくお願いします。

天野 聖志

天野歯科医院

院長 天野 聖志

(略歴)

東京歯科大学卒業後、米国マーケット大学歯学部大学院にて歯科修士課程卒業(マスターオブサイエンス)。帰国後、天野歯科医院院長に就任。単に虫歯や歯周病を治すだけでなく、将来に渡る歯の健康と美しさを視野に入れた総合的な治療を実現するため、専門医による米国式チーム歯科治療を実施している。また出来るだけ歯を削らない治療、神経や歯を抜かない治療にも力を入れている。

(資格)

米国歯科修士(マスターオブサイエンス)、米国補綴歯科学会認定医

(コメント)

お口の中に発生する口腔がんは、口内炎や歯周病の症状に似ているため、初期には気が付きにくいのですが、そのまま放置してしまうと、気が付いた時にはがんが悪化してしまっている事も少なくありません。少しでもおかしいと思ったら、早めに歯科医院や口腔外科に受診しましょう。


舟橋 均

工学博士(大阪大学大学院工学研究科)

舟橋 均

(コメント)

大阪大学大学院工学研究科を卒業し工学博士を取得しています。もともとは、微生物の研究をしておりましたが、企業の研究開発や大学の助教を経て予防医学に興味を持ち、健康成分や予防医学の観点から研究をするようになりました。現在は、これまでの経験をもとに、生物学、薬学、医学の観点から健康に関わる科学的な内容を噛み砕いて解説するフリーライターとして活動しています。

佐藤 元宣

ファイナンシャルプランナー

佐藤 元宣

(コメント)

ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)数少ない保険を売らない若手の独立系FPとして秋田県を中心に活動を展開中。若年者から高齢者まで幅広い分野で相談に応じている個性派FP。がん保険、がんと仕事、がんとお金などの記事を執筆。

ご協力いただけるドクター・専門家の方へ

当サイトは検索ワード「がん 症状」1位 「がん 原因」2位 「がん 治療法」12位に上位表示されるほど、アクセス数の多いがんポータルサイトです。

2016年11月現在、月間PV数(表示回数)は、200万~480万PVの間で推移しています。※ 規約によりAnalytics集計結果における概算(おおよその数値)

一般の方や患者様にたくさん見てもらえる媒体で情報配信をしたいドクター・専門家の方は、ぜひお問い合わせfreeb.main@gmail.com)までご連絡くださいませ。

Freeb株式会社(代表)

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る