郵送検診とは?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

郵送検査

郵送検診とは、医療機関ではなく自宅でできる病気の検査のことです。

血液や尿、便などを採取するキットを使い、それを送るだけで簡単に病気をチェックすることができます。「健康バスケット」が有名です。

郵送検診とは?

郵送検診は、その名の通り「郵送によって受けられる検査」です。がんや性感染症、生活習慣病などの検査があります。

郵送検診キットには、血液や尿、便などを簡単に採取するための器具が入っています。それを使って採った検体を、同封の袋に入れてポストに投函すると、数日後に検査結果が自宅に届くという流れです。

また性感染症のように家族に知られたくない検査の場合は、ネット上で結果をチェックすることもできます。

郵送検診は、特に仕事や育児などでなかなか病院に行けない人たちから大きな人気を集めています。

「もう何年も検査を受けていない」という状況がもっとも危険ですので、多忙な人はぜひ郵送検診を上手に活用したいものです。

郵送検診なら、血液検査も自宅で簡単にできる!

郵送検診では、病院と違ってX線やエコーのような画像検査を行うことはできません。その代わりに使われるのが、血液や尿、便、組織(細胞)などの「検体」です。

郵送検診キットには、これらの検体を簡単に採取するための器具が付属しています。

たとえば血液の採取には、「ランセット」という細い針の隠れた器具が使われます。

それを指先に当ててボタンを押すだけで、ほとんど痛みなく安全に微量の血液を採ることが可能です。

また実際に検体を調べるのは、自治体の認可を受けている「登録衛生検査所」ですので、検査の精度にも問題はありません。

郵送検診で陽性が出た人は、すみやかに受診を

陽性

郵送検診では、「結果に応じて適切に医療機関を受診する」ことが大切です。これを怠ってしまうと、せっかくの検診の意味がなくなってしまいます。

郵送検診では、当然ですが病気の可能性を調べることしかできません。もしも詳しい検査が必要と判断された場合には、近くの病院を受診して画像検査などを受ける必要があります。くれぐれもそのまま放置しないように気をつけてください。

その際、たとえば「健康バスケット」のようにアフターフォローサービスのあるwebショップであれば、自宅近くにある専門の病院を電話で紹介してもらうこともできます。

郵送検診を賢く利用して、病気の早期発見に役立てましょう!

参考文献

  1. 健康バスケットウェブサイト
  2. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がん情報サイト「オンコロ」
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る