郵送検診の流れ

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

検査

郵送検診を希望する場合は、まずwebショップで郵送検診のキットを購入することから始めます。

商品が到着したら説明書に従って検体を採取し、同封の袋に入れて投函しましょう!

商品の注文から到着まで

郵送検診のキットは、ごく一部の薬局で取り扱われている場合もありますが、ほとんどはネットショップでの販売になります。

健康バスケット」をはじめとする郵送検診専門のwebショップや、ネット薬局などで販売されていますので、まずは必要なキットを購入することから始めましょう。

お店にもよりますが、入金後数日で商品が届きます。多くのショップでは、プライバシーに配慮して中身が分からないような包装で発送してくれますので安心です。

また性感染症など、特に家族に知られたくない検査の場合には、郵便局での受け取りを選択できることもあります。

検体の採取から結果通知まで

検査

郵送検診のキットが到着したら、説明書をよく読んだ上で検体を採取します。検査によって、尿や便、血液、粘膜組織など検体はさまざまです。

いずれも付属の器具で簡単に採取できますので、説明に従って正しく使いましょう。また万が一失敗した時に、無料で再送してくれるお店を選んだほうが安心です。

検体を採取できたら、それを同封の袋に入れて返送します。ポストに投函できるサイズになっていますので、郵便局まで持って行く必要はありません。

検査の内容や時期にもよりますが、数日~2週間ほどで結果票が届きます。ただし性感染症の場合は、ネット上やメールで結果をチェックできるようにしているショップがほとんどです。

結果を自宅に郵送されたくない人は、通知方法について忘れずにチェックするようにしましょう。

結果通知の後

陽性

検査結果に問題がなければ、検診はこれで完了です。しかし「要精密検査」だった場合は、すみやかに近くの医療機関を受診する必要があります。

たとえば郵送検診でがんのリスクが疑われたとしても、実際に病院で確定診断を受けるケースはそれほど多くないといわれます。

しかし万が一の場合は早期発見につながりますし、もしくは他の病気が見つかる可能性もありますので、「陽性」が出た方は必ず近くの病院で詳しい検査を受けてください。

その際、「健康バスケット」のように無料の電話相談を行っているwebショップであれば、自宅に近い病院を教えてもらうこともできます。

また陽性だった場合は紹介状も同封されていますので、それを持参すればよりスムーズに診察を受けることが可能です。

参考文献

  1. 健康バスケットウェブサイト
  2. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

チューリッヒ生命がん保険
メットライフガードエックス
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
医師の転職サイト
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る