がんの郵送検診をやっている株式会社セルメスタってどんな会社?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

検査

健康バスケット」を運営する株式会社セルメスタは、がんの郵送検診のみならず、市販薬やヘルスケアグッズの販売など、幅広い医療事業を手がける会社です。

また自社の検査機関を備えているため、検査キットの販売から実際の検査までを一貫して行っています。

株式会社セルメスタってどんな会社?

株式会社セルメスタは、東京都墨田区に本社を置く企業です。昭和46年に「クラヤ商事」として創業した後、平成17年に「Self-medication」 と 「Start」を合わせた造語である「セルメスタ」に社名変更しています。

郵送検診キットを取り扱うwebショップ「健康バスケット」の運営のほか、一般用医薬品(市販薬)や救急医薬品、介護用品、健康食品の卸販売など、幅広い医療事業を行っている会社です。

またジェネリック医薬品の推進や、企業向けの効率的な検診・特定保健指導の提案など、医療費の抑制事業も手がけています。

webサイトでは、健康バスケットのほかに、さまざまな病気や薬に関する情報を提供する「e-karada」も運営しています。

株式会社セルメスタは、郵送検診事業のパイオニア

ファセリア

株式会社セルメスタは、早くから郵送検診事業を展開している会社の1つです。

25年の歴史と実績を持つ専門の検査機関(ファセリア臨床検査センター)を構えているため、キットの販売から実際の検査まですべて自社で行うことができます。

ファセリア臨床検査センターでは、健康保険組合や共済組合から送られてくる検体も幅広く受け付けており、その数、年間およそ240,000検体にも及ぶとのことです。

このように、もともと多くの検体を受け付けている会社であることが、健康バスケットの信頼にもつながっているのでしょう。

また単に検体を調べて結果を通知するだけではなく、株式会社セルメスタでは検査後もきめ細やかなアフターフォローを行っています。

たとえば郵送検診で陽性となった場合は、無料で紹介状を発行してくれますので、大きな病院にかかっても特別療養費(紹介状なしで200床以上ある病院にかかった場合に発生する費用)を支払わずに済みます。

さらに、看護師や保健師による無料の電話相談(メディカルコンシェルジュサービス)も、幅広い医療事業にたずさわるセルメスタならではのシステムです。

陽性だった人へのアドバイスはもちろん、検査結果に関わらず、利用者のちょっとした健康相談にも対応しています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
がんの闘病記・治療体験談

ページの1番上へ戻る