検体の検査をしてくれるファセリア臨床検査センターは安心できる?

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

検査

健康バスケット」の郵送検診キットで採取した検体は、株式会社セルメスタが運営する「ファセリア臨床検査センター」で検査されます。

ファセリア臨床検査センターは法律で定められた「登録衛生検査所」ですので、安心して検査してもらうことが可能です。

ファセリア臨床検査センターってどんなところ?

健康バスケットで販売されている郵送検診キットでは、自宅で検体を採取した後、「ファセリア臨床検査センター」に送ります。

ここは健康バスケットを運営する株式会社セルメスタの直属機関ですので、キットの販売から検査までを自社で行っている形になります。

ファセリア臨床検査センターは、各医療機関や健康組合などから送られてくる検体を集めて検査する「登録衛生検査所(コマーシャルラボ)」の1つです。

血液検査や尿検査などは、調べる内容によっては病院内でできるものもありますが、がん検診などの特殊な検査の場合はこのような外部の施設に委託されます。

登録衛生検査所を開設するためには、都道府県知事に届け出る必要があり、その登録や運営には法律が適用されます(臨床検査技師等に関する法律など)。

また実際に検査にあたるのは、臨床・衛生検査技師と呼ばれる国家資格を持った人たちです。

このように、登録衛生検査所は厳しい法律によって運営されていますので、安心して検査を依頼することができます。

自社の検査所を持つ「健康バスケット」のアフターサービス

25年の歴史と実績を持つファセリア臨床検査センターは、郵送検診のパイオニア的存在です。そのため精度の高い検査はもちろんのこと、郵送検診のアフターフォローもきめ細かく行っています。

たとえば検査で陽性が出た場合は、結果票とともに医療機関への紹介状を同封してくれます。

精密検査ができるような大きな病院の場合、紹介状を持たずに初診でかかると「特別療養費」という料金が発生してしまうことがあるのですが、ファセリア臨床検査センターはそうした患者さんの負担をなくすために紹介状を無料で発行してくれるのです。

病院で紹介状を発行してもらう際には2,500円ほどの費用がかかることを考えると、非常に心強いサービスだといえます。

さらに健康バスケットでは、看護師や保健師による無料の電話相談(メディカルコンシェルジュサービス)も行っています。

フリーダイヤルで対応しており、陽性が出た人への病院の案内はもちろんのこと、検査結果に関わらずさまざまな健康相談にも応じています。

このように健康バスケットの郵送検診では、自社の検査所を持つ会社だからこその充実したアフターフォローを受けることができるのです。

参考文献

  1. 健康バスケットウェブサイト
  2. その他
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がん情報サイト「オンコロ」
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る