シスプラチン(ブリプラチン・ランダ・プラトシンなど)の効果・副作用

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
シスプラチン ブリプラチン・ランダ・プラトシンなど CDDP, DDP
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、悪性腫瘍の治療
代表的な副作用 吐き気・嘔吐・しゃっくり・腎機能障害・骨髄抑制・脱毛など
適応されるがんの種類 子宮頸がん子宮がん・睾丸腫瘍・膀胱がん前立腺がん卵巣がん肺がんなど

スポンサーリンク

シスプラチンの働きと効果・効能

シスプラチンは、「白金製剤」に分類される抗がん剤です。「ブリプラチン(ブリストルマイヤーズ)」や「ランダ(日本化薬)」、「プラトシン(ファイザー)」などさまざまな商品が出ており、いずれも点滴静注によって投与されます。

シスプラチンは、世界で初めて抗腫瘍効果が発見された白金製剤です。アメリカの学者が電場における細菌の研究をしている時に、プラチナ電極の派生物が大腸菌の増殖を抑えている様子が偶然に確認され、そこから抗がん剤としての研究が始まりました。

細胞分裂するためには、DNAの二重らせん構造をいったんほどいて一本の鎖のようにしてから、情報をコピーする必要があります。

そこでシスプラチンは、DNAを構成する塩基のうち「グアニン」と「アデニン」に結合して、両者を強く結びつけます(架橋反応)。

これによってDNAはほどけなくなり、がん細胞は正常な分裂ができなくなるという仕組みです。 この作用機序は、「アルキル化薬」と同じになります。

シスプラチンは、子宮体がんの術前術後療法として活用されているほか、数多くの切除不能な臓器がんに対して用いられています。

また進行性の非小細胞肺がんに対する「シスプラチン+ペメトレキセド療法」をはじめとして、さまざまな他の薬との併用療法にも使われている薬です。

シスプラチンの副作用

吐き気

シスプラチンの副作用のうち、90パーセント以上という高確率で見られるのが、吐き気や嘔吐です。

そのため投与前には、制吐剤が使われています。
また腎毒性が強く、腎機能障害も起こりやすいため、投与前と投与後には十分な輸液が必須です。

他には、抗がん剤特有の骨髄抑制が認められるため、投与後は定期的に血液検査を受ける必要があります。また一時的な脱毛が見られるほか、末梢神経障害や難聴などの副作用も特徴的です。

その他、投与中や投与後にアレルギー反応のような症状が見られることもあるため、悪寒や発熱、息苦しさなどが現れた場合にはすみやかな対処が必要になります。

シスプラチンを使ったがん治療

シスプラチンは、子宮頸がんや子宮体がん、睾丸腫瘍、膀胱がん、前立腺がん、卵巣がん、肺がんなどの治療に用いられています。その中から、シスプラチンを使ったいくつかのがん治療についてご紹介いたします。

子宮頸がん・卵巣がん

子宮頸がんや卵巣がんの化学療法では、白金製剤を単独使用、もしくは他の抗がん剤と組み合わせて使用します。

白金製剤の中でもシスプラチンには、がんの増殖を抑える働きが強いので、子宮頸がんの治療に用いられることが少なくありません。

しかし、強力な作用があるために、副作用も強く出ます。強い吐き気や嘔吐、食欲不振といった症状のほかに、腎機能障害や骨髄抑制などの重篤な副作用が現われることもあります。

また、神経障害や聴力障害がみられることもあります。

このように、シスプラチンには強い副作用があるために、日本ではシスプラチンよりも副作用が強くないカルボプラチン(パラプラチン)が子宮頸がんの治療に用いられるようになってきています。

ただし、カルボプラチンは副作用が強くない分、シスプラチンに比べて効果も劣るため、現在でもシスプラチンを好んで使用する医師も多くいます。

子宮頸がんの化学療法においては、種類の違う抗がん剤を組み合わせて使用することで、効果を強めることがあります。

シスプラチンはパクリタキセル(タキソール)との組み合わせが効果的とされており、パクリタキセルとシスプラチンを組み合わせた治療方法をTP療法と呼んでいます。

膀胱がん

膀胱がんにおいては、がんの転移がみられる場合は化学療法が行われます。化学療法では、シスプラチンを単独使用するケースはほとんどなく、通常2種類以上の抗がん剤と組み合わせて治療を行います。

2通りの治療法があり、シスプラチンとメトトレキセート(メソトレキセート)、ビンブラスチン、アドリアマイシンの4種類を組み合わせた「M-VAC療法」と、シスプラチンとゲムシタビン(ジェムザール)の2種類を組み合わせた「GC療法」のいずれかが選択されますが、最近ではGC療法の方が主流となってきています。

参考文献

  1. 書籍 がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬-はや調べノート2017・2018年版 (プロフェッショナルがんナーシング2017年別冊)
  2. 添付文書
  3. インタビューフォーム
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

チューリッヒ生命がん保険
メットライフガードエックス
  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
医師の転職サイト
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る