シクロホスファミド(エンドキサン)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
シクロホスファミド エンドキサン CPA, CPM, EX
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、乳がんや悪性リンパ腫の治療
代表的な副作用 吐き気・下痢・骨髄抑制・脱毛・アレルギー反応など
適応されるがんの種類 乳がん・悪性リンパ腫・肺がん・子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんなど

シクロホスファミドの働きと効果・効能

シクロホスファミドは、「アルキル化薬」に分類される抗がん剤の1つです。塩野義製薬から「エンドキサン」という点滴薬および経口薬として販売されており、それぞれ静注・内服によって投与します。

アルキル化薬は、マスタードガスの研究から生まれた殺細胞性の抗がん剤です。

細胞が分裂する際には、二重らせん構造になったDNAをいったんほどいて1本の鎖のようにする必要があるのですが、アルキル化薬はがん細胞のDNAに「アルキル基」という原子のかたまりを結合させることで、DNAがほどけないようにします。

その結果、がん細胞は正常なコピーができなくなって死滅するという仕組みです。

シクロホスファミドの適応は幅広く、乳がんや悪性リンパ腫をはじめ、数多くの固形がんや血液のがんに用いられています。

特に有名なのは、進行・再発乳がんの術後に行われる「AC療法(ドキソルビシンとの併用)」や、悪性リンパ腫(B細胞性非ホジキンリンパ腫)の初回治療として行われる「R-CHOP療法(リツキシマブドキソルビシンビンクリスチンプレドニゾロンとの併用)」などです。

多くは点滴静注による投与ですが、場合によっては自宅での内服治療を行うこともあります。

シクロホスファミドの副作用

吐き気

シクロホスファミドの治療中には、吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状や、脱毛骨髄抑制など、抗がん剤でよく見られる副作用が多く起こります。脱水症状や感染症に注意しながら治療を進めることが大切です。

また頻度は少ないものの、重篤な副作用として心不全や間質性肺炎、出血性膀胱炎などが報告されています。こういった副作用を防ぐためにも、投与前には十分なバイタルチェックを行い、全身の機能が良好に保たれていることを確認する必要があります。

その他、投与後まもなくしてショック症状やアレルギー反応などが見られる場合もあるため、特に初回投与の際は慎重な経過観察が必要です。

シクロホスファミドによる治療

シクロホスファミドは1962年に発売された最も古い抗がん剤のひとつです。

多くのがんに適応があり単独でも使用可能ですが、他の抗がん剤と併用し、多剤併用療法のレジメンのひとつとして使用することも多い薬です。

シクロホスファミドを組み合わせた代表的なレジメンについて、解説します。

乳癌の治療

乳癌では、手術術後の化学療法、再発乳癌や進行して手術が出来ない進行乳癌、腫瘍を縮小し乳房温存や手術可能な大きさにする術前の化学療法のいずれにも効果が認められている、シクロホスファミドを含むレジメンがあります。

乳癌AC療法

シクロホスファミドに、作用のメカニズムの異なるアントラサイクリン系という抗生物質抗がん剤のアドリアマイシン(別名:ドキソルビシン)を組み合わせたレジメンです。

それぞれを、治療開始1日目に点滴静注で投与し、20日間休薬を1クールとして、3週毎4クール行います。

乳癌EC療法

シクロホスファミドにAC療法と同様アントラサイクリン系抗生物質抗がん剤のエピルビシンを組み合わせたレジメンです。

AC療法およびEC療法はいずれも、悪心・嘔吐のリスクが高いため、治療開始前~治療後も制吐薬でのコントロールが重要になります。

乳癌ACまたはEC療法に5-FUを追加

乳癌AC療法およびEC療法に、さらに作用のメカニズムの異なる代謝拮抗剤の5-FUを組み合わせるレジメンです。

3種類の薬の組み合わせで、投与量、治療期間、サイクル数の違いでFAC療法、FEC療法、CAF療法、CEF療法などがあります。

乳癌TC療法または乳癌TAC療法

TC療法は、シクロホスファミドに、作用のメカニズムの異なるタキサン系というアルカロイド系抗がん剤のドセタキセルを組み合わせたレジメンです。

TC療法はAC療法と並び、乳癌の術後補助療法の基本となるレジメンです。AC療法にドセタキセルを追加するTAC療法や、同じ系統のパクリタキセルを追加するレジメンでは、AC療法よりも再発期間の延長や、延命に効果が認められています。

他の乳癌のレジメン

乳癌の治療では、いくつかのレジメンをさらに組み合わせて治療を続けていきます。標準的なレジメンに、分子標的薬を追加する治療もおこなわれて効果をあげています。

各レジメンやレジメンを組み合わせたさまざまな治療方法が行われ、患者さんごとに有効性と副作用を考慮して治療が行われます。

悪性リンパ腫の治療

悪性リンパ腫には、シクロホスファミドの大量療法も行われますが、一般的には、乳癌と同様、シクロホスファミドには、アントラサイクリン系抗生物質抗がん剤と、ビンカアルカロイド系抗がん剤を組み合わせたレジメンがあります。

CHOP療法

悪性リンパ腫に対する最も代表的なレジメンです。シクロホスファミド、ドキソルビシン(別名:アドリアマイシン)、ビンクリスチンの3種類の抗がん剤に、副作用予防のための副腎皮質ステロイドのプレドニゾロンを追加しています。

更に、腫瘍細胞に対する作用機序の異なるトポイソメラーゼ阻害薬のエトポシドを加えたECHOP療法もあります。また、最近では、さらに分子標的薬のモノクローナル抗体であるリツキシマブやセツキシマブを加えたレジメンを行われています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る