ドセタキセル(タキソテールなど)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2016.12.25

後藤 宏顕

この記事の監修者

医師 後藤 宏顕

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ドセタキセル タキソテールなど DTX, TXT
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、乳がんや肺がんの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・過敏症・吐き気・脱毛・浮腫・爪の変化など
適応されるがんの種類 乳がん・非小細胞肺がん・胃がん・頭頸部がん・卵巣がん・前立腺がんなど

ドセタキセルの働きと効果・効能

ドセタキセルは、「微小管阻害薬」に分類される抗がん剤の1つです。サノフィ株式会社から「タキソテール」という点滴薬として販売されており、点滴静注によって投与されます。

ドセタキセルは、ヨーロッパイチイから抽出された成分を使って作られた「タキサン系」に属する抗がん剤です。細胞分裂時に重要な役割を果たす「微小管」を阻害することで、がん細胞の増殖を抑えます。

同じタキサン系の「パクリタキセル(タキソール)」と比べ、投与量が少ない点が特徴です。

またパクリタキセルよりも過敏症のリスクが低いため、抗アレルギー薬などの前投与は必ずしも必要ではありません。

適応となるがんとしては、乳がんや非小細胞肺がん胃がん卵巣がん食道がん子宮体がん前立腺がんなどがあります。

また卵巣がんに対するカルボプラチンとの併用療法や、進行胃がんや頭頸部がんに対するシスプラチン+フルオロウラシル(5-FU)との併用療法(DCF療法)のほか、乳がんに対しては単剤投与も行われています。

ドセタキセルの副作用

骨髄抑制

ドセタキセルの副作用としては、まず骨髄抑制が挙げられます。

特に好中球の減少が顕著ですので、投与後7日目前後は手洗いやうがいを徹底するなどして感染症対策に励むことが大切です。

その他、ほぼ必発の副作用としては脱毛があります。投与から2~3週間後に見られますが、あくまで一時的なものです。

またドセタキセル特有の副作用として、浮腫(むくみ)と爪障害があります。

特に長期投与によってリスクが上がりますので、必要に応じた対処方法を医師と相談しましょう。

ドセタキセルの投与方法

ドセタキセルは、点滴注射で1時間以上の時間をかけてゆっくりと静脈から投与されます。

3~4週間ごとにドセタキセルの投与を繰り返し、がん細胞が増殖するのを防ぎます。ドセタキセルの効果を高めることや副作用を抑えるため、他のお薬や放射線療法と組み合わせることもあります。

入院して点滴注射を行うケースや通院で行うケースがあり、病気やお身体の状態によりどちらかの方法が選択されます。

投与(中・当日・後)に現れやすい副作用の症状

抗がん剤による副作用の現れ方は使用するお薬の種類や量だけではなく、投与される人によってそれぞれ異なります。

ドセタキセルによるがん治療は、手術療法や放射線療法のような局所的治療ではなく、化学療法という全身的治療の一つです。

化学療法では、がん細胞を死滅させることや増殖を防ぐため、お薬を血液の流れに乗せ全身に運びます。この時抗がん剤が、がん細胞以外の正常な細胞を傷つけてしまうことで副作用が現れるのです。

副作用の現れ方には個人差がありますが、現れやすい症状を投与後から時系列にご紹介します。

ドセタキセル投与中

ドセタキセル点滴注射中には、アレルギー症状が現れることがあります。

多くのアレルギー症状は、点滴注射を始めてから10分以内という短い時間で息苦しさや胸の痛み、発疹(赤いブツブツ)、顔のほてり、身体のかゆみ、汗が出るなどが現れます。

ドセタキセル投与日当日から2~3日頃

点滴当日や2日目以降では、下痢や吐き気などの症状が現れやすくなります。

また関節や筋肉痛・手足のしびれ、脱力感などが現れることもありますが、数日ほどで症状が治るケースがほとんどです。

ドセタキセル投与後1~2週間頃

白血球の数が著しく減少する時期です。白血球数の減少により身体の抵抗力が低下するため、細菌やウイルスに感染しやすくなります。

白血球数の減少は2~3日ほどで元の状態に戻ります。また約10%の人に口内炎が現れます。

ドセタキセル投与後2~3週間頃

髪の毛が抜け始めます。髪の毛だけではなく全身の毛が抜けることもあります。ほとんどの人が治療終了後2~3ヶ月ほどで毛が再生し始めます。

上記の他にも、爪の変化(変色、剥がれる、膿が出るなど)、味覚の変化、吐き気、食欲不振、発疹(皮膚にできるブツブツ)などの症状が現れることや、投与回数が増えるごとにむくみが現れやすくなります。

ドセタキセル投与による副作用のほとんどは一時的なもので、投与が終了して数日から数ヶ月ほどすると元の状態に戻ります。

副作用には個人差があり、どの人にどの症状がどの程度現れるかは分かりません。

しかしドセタキセルによる副作用がどのように現れるのかを知ることで、治療でどのような経過をたどるのかが分かるだけではなく、症状の重い副作用に早く気付き適切な対応を取ることができます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る