ドキソルビシン(アドリアシン)の効果・副作用

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ドキソルビシン アドリアシン ADM, DOX
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、悪性リンパ腫や固形がんの治療
代表的な副作用 吐き気・嘔吐・骨髄抑制・血管痛・静脈炎・心機能障害など
適応されるがんの種類 悪性リンパ腫・肺がん・消化器がん・乳がん・子宮体がん・膀胱がんなど

ドキソルビシンの働きと効果・効能

ドキソルビシンは、「抗がん性抗生物質」に分類される抗がん剤の1つです。協和発酵キリンから「アドリアシン」という注射薬として販売されており、静脈注射によって投与されます。

微生物由来の抗生物質の中には、抗がん作用を持つものもあることから、がん治療にも役立てられるようになりました。

ドキソルビシンはその代表的な薬剤で、がん細胞のDNAを構成する塩基と塩基の間に入り込むことで、DNAの正常なコピーに必要な酵素の働きを阻害する効果があります。 このような作用を持つ抗生物質を「アントラサイクリン系」と呼びます。

また細胞分裂する際にはRNAも合成する必要がありますが、ドキソルビシンにはそちらも阻害する作用が確認されています。

悪性リンパ腫肺がん乳がん、消化器がんなど幅広い適応を持つ薬です。特に悪性リンパ腫の中でも「ホジキンリンパ腫」に対しては、ブレオマイシンビンブラスチンダカルバジンと併用する「ABVD療法」が標準治療となっています。

再発・進行性の乳がんでは、シクロホスファミドと併用する「AC療法」が有名です。

また悪性リンパ腫の中でも「非ホジキンリンパ腫」に対しては、シクロホスファミド・ビンクリスチン・プレドニゾロンと併用する「CHOP療法」や、さらにリツキシマブを加えた「R-CHOP療法」が標準治療として用いられています。

ドキソルビシンの副作用

吐き気

ドキソルビシンの副作用としては、吐き気・嘔吐が高頻度で見られます。

そのリスクは「シスプラチン」に次いで高いとされていますので、制吐剤などで予防することが大切です。

他には、投与量に応じて口内炎が発生しやすいほか、投与中に血管痛や静脈炎などが起こる場合があります、また投与2~5週間後には脱毛が見られますが、治療終了後には改善することが一般的です。

またアントラサイクリン系の薬には、心機能障害の副作用リスクがありますので、狭心症や不整脈、心筋梗塞などの兆候が見られた際には投与を中止する必要があります。

特に投与量が500mg/㎡を越えると有意に認められるため、ドキソルビシンの生涯蓄積量はそれ以下にするよう定められています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る