エトポシド(ラステット・ペブシド)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
エトポシド ラステット・ペブシド ETOP, ETP, VP-16
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、胚細胞腫瘍や小細胞肺がんの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・アレルギー反応・骨髄抑制・間質性肺炎など
適応されるがんの種類 精巣腫瘍・卵巣腫瘍・性腺外腫瘍・小細胞肺がんなど

エトポシドの働きと効果・効能

エトポシドは、「トポイソメラーゼ阻害薬」に分類される抗がん剤の1つです。日本化薬から「ラステット」、ブリストル・マイヤーズから「ベプシド」という名前でそれぞれ注射薬と経口薬の2種類が販売されており、静脈注射および内服によって投与します。

エトポシドは、DNAの複製に関わる「トポイソメラーゼⅡ」という酵素を阻害する薬です。

トポイソメラーゼⅡは、DNAの2本鎖をどちらも切断する酵素で、これが阻害されることによってがん細胞は正常な分裂ができなくなり、死滅に追い込まれます。特に細胞周期のS期(DNA合成期)後半~G2期(分裂準備期)に強く作用する薬です。

エトポシドは、精巣腫瘍(精巣がん)や卵巣腫瘍(卵巣がん)などの胚細胞腫瘍に対する術前術後療法や、切除不能の小細胞肺がんの治療などに活用されています。

小細胞肺がんでは、シスプラチンと併用する「PE療法」が、また精巣腫瘍においてはブレオマイシンとシスプラチンと併用する「BEP療法」が標準治療として行われています。

またユーイング肉腫ファミリー腫瘍や、横紋筋肉腫などの小児固形悪性腫瘍にも投与されることがあります。

エトポシドの副作用

骨髄抑制

エトポシドの副作用としては、骨髄抑制が挙げられます。特に投与から2週間前後が、もっとも白血球や好中球の数値が低下する時期ですので、感染症には十分に注意します。

また体質によっては、投与中にアレルギー反応が起こることがあります。重篤な場合は呼吸不全などにつながりますので、慎重な経過観察が必要です。

その他、経口薬では吐き気・嘔吐のリスクが中等度に分類されているため、必要に応じて制吐剤で対処します。また脱毛も見られるほか、間質性肺炎のリスクもありますので、発熱や咳、呼吸困難などの症状に注意します。

また頻度は低いものの、二次性の急性白血病が現れることもあり、その場合はきわめて予後が不良であることが分かっています。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る