ゲムシタビン(ジェムザール)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ゲムシタビン ジェムザール GEM
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、膵臓がんや非小細胞肺がんなどの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・発熱・発疹・吐き気・腎機能障害など
適応されるがんの種類 膵臓がん・非小細胞肺がん・胆道がん・尿路上皮がんなど

スポンサーリンク

ゲムシタビンの働きと効果・効能

ゲムシタビンは、代謝拮抗薬の中でも「ピリミジン拮抗薬」に分類される抗がん剤の1つです。日本イーライリリー社から「ジェムザール」という点滴薬として販売されており、点滴静注によって投与されます。

ゲムシタビンは、DNAを合成するピリミジン塩基「シトシン」に似せた物質です。投与するとシトシンと間違って体内に取り込まれるため、がん細胞の正常なコピーを阻害し、最終的に細胞を自死(アポトーシス)に導くことができます。

このような作用機序は、同じピリミジン拮抗薬である「シタラビン(キロサイド)」と似ていますが、ゲムシタビンはシタラビンと違って細胞周期に関わりなく作用するため、より高い抗腫瘍効果を発揮します。そのため、シタラビンが不得手とする固形がんに使われている薬です。

適応となるのは膵臓がんと非小細胞肺がん胆道がん、尿路上皮がん、切除不能の乳がん、そして化学療法の後に悪化した卵巣がんです。

ただしすい臓がんについては積極的な治療というより、疼痛の緩和やPS(活動状態)の改善といった、症状の緩和効果が主な目的となります。

進行性の膵臓がんに対しては単剤療法を、それ以外のがんに対しては「シスプラチン」との併用療法が多く行われています(ゲムシタビン+シスプラチン療法)。

ゲムシタピンの標準的な投与方法

ゲムシタビンの副作用

骨髄抑制

ゲムシタビンの副作用としては、骨髄抑制が代表的です。そのため感染症には十分に気をつける必要があります。

ただし吐き気や嘔吐、脱毛、全身倦怠感といった抗がん剤特有の副作用は軽く済むことが多く一般的には使いやすい薬です。またその他の重篤な副作用も比較的起こりにくいとされています。

しかしまれではありますが、間質性肺炎による死亡例も報告されているため、治療中や治療後は慎重な経過観察が必要です。特にもともと間質性肺炎をベースに持つ人の場合は高確率で発現するため、ゲムシタビンの投与はできません。

また胸部への放射線療法との併用によってもリスクが上がりますので、禁忌とされています。

がんの部位別・ゲムシタビンを使った治療法

ゲムシタビンは通常、30分間の点滴静注を週1回の頻度で行ないます。

ゲムシタビンでは、点滴時間が60分以上に長引くと副作用が起こりやすくなることがわかっているため、安全性を考えて30分程度にとどめるようになっています。

また、ゲムシタビンに加えて「デキサメタゾン」などの吐き気止めも一緒に点滴することが一般的です。ゲムシタビンは、吐き気の副作用が比較的少ない薬ですが、念のために対策をすることが推奨されています。

ゲムシタビンは単独で使われることも多い薬ですが、がんの種類によっては他の抗がん剤も一緒に使うことがあります。

非小細胞肺がん

非小細胞肺がんの化学療法では、ゲムシタビンに加えて、プラチナ製剤の「シスプラチン」も合わせた「ゲムシタビン・シスプラチン併用療法」がよく行なわれています。

この場合、最初に吐き気止めを投与した後で、シスプラチンを60分、続いてゲムシタビンを30分間、点滴静注します。
週1回の投与を2週続け、3週目に休薬するのを1コースとして、何度か繰り返します。

シスプラチンは、抗がん剤の中でも吐き気のリスクが高いため、吐き気対策をしっかり行なうことが大切です。

また最近では、内服薬タイプの抗がん剤「S-1 (テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)」との併用が有効であるという研究結果も報告されています。

卵巣がん

主に再発卵巣がんにおいて、単独で使われるほか、プラチナ製剤である「カルボプラチン」を併用することで、無進行生存期間がより長くなるという報告があります。

すい臓がん

予後の良くないすい臓がんでは、ゲムシタビンの単独療法が、長らく化学療法の中心を担ってきました。

ただし近年、経口薬の「S-1」 や、分子標的薬の「エルロチニブ」などが登場し、化学療法の幅が広がっています。

また、従来のゲムシタビン単独療法よりも、「ナブパクリタキセル(アブラキサン)」を一緒に使うことで生存期間がより延びるという報告があり、「ゲムシタビン・ナブパクリタキセル併用療法」として行なわれるケースも増えています。

胆道がん

すい臓がんと同様、早期発見が難しく治療しにくいがんで、長らくゲムシタビンの単剤投与が標準治療でした。

しかし現在は、「ゲムシタビン・シスプラチン併用療法」のほうが生存期間を延長できることがわかり、切除不能の胆道がんにおける標準治療となっています。

乳がん

切除不能もしくは再発した乳がんに対して使われています。

単剤投与が一般的ですが、近年、「パクリタキセル」と併用する「ゲムシタビン・パクリタキセル併用療法(GT療法)」のほうが効果が高いという報告があり、新たな標準治療になる可能性が期待されています。

参考文献

  1. 書籍 がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬-はや調べノート2017・2018年版 (プロフェッショナルがんナーシング2017年別冊)
  2. 添付文書
  3. インタビューフォーム
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位をご紹介しておきます。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
応援

下記団体の活動を応援しています。

がんの臨床試験(治験)募集!
COMLの電話相談
Minds医療情報サービス
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る