イホスファミド(イホマイド)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
イホスファミド イホマイド IFM, IFO, IFX
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、悪性腫瘍の治療
代表的な副作用 骨髄抑制・出血性膀胱炎・神経毒性など
適応されるがんの種類 小細胞肺がん・前立腺がん・骨肉腫・軟部肉腫・子宮頸がんなど

イホスファミドの働きと効果・効能

イホスファミドは、「アルキル化薬」に分類される抗がん剤の1つです。塩野義製薬から「イホマイド」という注射薬として販売されており、点滴静注もしくは静脈注射によって投与されます。

アルキル化薬は、がん細胞のDNAに「アルキル基」という原子のかたまりを結合させることで、DNAの二重らせん構造をほどけなくする薬です。これによってがん細胞は分裂の際に情報をコピーできなくなり、死滅に追い込まれます。

イホスファミドは、同じアルキル化薬の「シクロホスファミド」と似た構造を持ちますが、シクロホスファミドに抵抗性がついた人にも効果が期待できます。ただし抗腫瘍効果はシクロホスファミドよりも弱いため、4倍の投与量が必要です。

適応となるがんは多く、臓器がんから血液のがんまでさまざまですが、中でも軟部肉腫骨肉腫などに対してよく使われています。

単剤投与のほか他剤との併用療法も多く、アドリアマイシンと併用する「AI療法」や、エトポシドと併用する「IE療法」などがあります。

また肺細胞腫瘍に対する「VIP療法(エトポシド・シスプラチンとの併用)」や、非ホジキンリンパ腫に対する「ICE療法(エトポシド・カルボプラチンとの併用)」なども有名です。

イホスファミドの副作用

頻尿

投与されたイホスファミドのうち、50~70パーセントが尿中に排泄されることから、「出血性膀胱炎」の副作用が起こりやすい薬です。

症状としては血尿や頻尿、排尿痛などがあり、投与開始から3~5日後に見られます。そのため投与時は十分な輸液を行い、尿の出を良くすることが大切です。

他には骨髄抑制も高頻度で見られ、特に好中球の減少が認められます。骨髄が回復するまで、発熱や感染症には注意が必要です。また投与後の吐き気や嘔吐は中等度のリスクとされており、ステロイドなどで予防します。

さらにイホスファミドには、10~30パーセントの確率で神経症状が出る点も特徴的です。混乱や幻覚、小脳失調による運動障害などが起こることがありますので、こちらも慎重な経過観察が必要です。

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事
キャンサーペアレンツ

ページの1番上へ戻る