メトトレキサート(メソトレキセート)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
掲載している情報は一般論であり、医師や主治医の指示に従うようにしましょう。特にがん領域においては複数の医師の意見を聞くセカンドオピニオンも大切です。

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
メトトレキサート メソトレキセート MTX
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、尿路上皮がん・絨毛性疾患などの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・吐き気・嘔吐・口内炎・腎機能障害など
適応されるがんの種類 尿路上皮がん・絨毛性疾患・乳がん・肉腫・胃がんなど

スポンサーリンク

メトトレキサートの働きと効果・効能

メトトレキサートは、代謝拮抗薬の中でも「葉酸拮抗薬」に分類される抗がん剤です。ファイザー社から「メソトレキセート」という点滴薬と錠剤が販売されており、それぞれ点滴静注と内服によって投与されます。

葉酸は、DNAの合成に必要な材料の1つです。体内で自然に合成されない成分ですので、食べ物から摂取する必要があるのですが、腸で吸収された葉酸はDNA合成に使うために「ジヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸」という順番で代謝されます。

メトトレキサートは、この葉酸に似た構造を持つ物質です。投与すると正常な葉酸と間違って体内に取り込まれ、DNA合成にまわされますが、偽物であるためうまく代謝されず、がん細胞は正しい情報をコピーできなくなってしまいます。その結果、死滅に追い込まれるという仕組みです。

適応となるのは主に尿路上皮がんや、絨毛がんなどの絨毛性疾患、また乳がんや肉腫(骨肉腫軟部肉腫)です。術前術後の補助療法として、もしくは切除不能例において活用されています。

特に乳がんで行われる「CMF療法(シクロホスファミドフルオロウラシルとの併用)」は有名で、抗がん剤の併用療法の草分け的存在として知られています。

また尿路上皮がんに対しては、ビンブラスチンドキソルビシンシスプラチンと併用する「M-VAC療法」がよく行われています。

ちなみにメトトレキサートは抗がん剤のほか、関節リウマチの治療薬としても使われており(商品名リウマトレックス)、こちらは低用量になっています。

メトトレキサートの副作用

骨髄抑制

メトトレキサートの副作用としては、白血球や血小板が減少する骨髄抑制と、吐き気嘔吐が代表的です。

また消化性潰瘍や消化管出血などの消化器症状が出ることがあり、その前段階として口内炎ができることが多いため、口内炎が見られた場合はより慎重な経過観察が必要になります。

また腎臓で代謝される薬剤のため、腎機能障害が現れることがあるほか、まれに投与中のアレルギー反応が出ることがあります。併用療法で使われる他の薬の副作用にも注意しながら治療を行うことが大切です。

参考文献

  1. 書籍 がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬-はや調べノート2017・2018年版 (プロフェッショナルがんナーシング2017年別冊)
  2. 添付文書
  3. インタビューフォーム
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

チューリッヒ生命がん保険
メットライフガードエックス

1位:医師向け転職サービス

参照:医師の転活

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る