ネダプラチン(アクプラ)の効果・効能・副作用など

  • Facebook シェア
  • はてなブックマーク
  • LINE
  • Google+
掲載している情報は一般論であり、医師や主治医の指示に従うようにしましょう。特にがん領域においては複数の医師の意見を聞くセカンドオピニオンも大切です。

2017.1.1

【 基本情報 】
一般名 商品名 欧文略語
ネダプラチン アクプラ -
薬の効果・効能 DNAの合成阻害による、臓器がんの治療
代表的な副作用 骨髄抑制・腎機能障害・吐き気・下痢・脱毛など
適応されるがんの種類 頭頸部がん・非小細胞肺がん・食道がん・膀胱がん・卵巣がんなど

スポンサーリンク

ネダプラチンの働きと効果・効能

ネダプラチンは、「白金製剤」に分類される抗がん剤の1つです。塩野義製薬から「アクプラ」という点滴薬として販売されており、点滴静注によって投与されます。

ネダプラチンは、他の白金製剤と同様、がん細胞のDNA合成を阻害するための薬です。

細胞分裂する際は、二重らせん構造になったDNAをいったんほどく必要があるのですが、白金製剤にはそれがほどけないように塩基同士を結合させる作用があります。

ただし第一世代の白金製剤である「シスプラチン」は、抗腫瘍効果が高い一方で、吐き気や腎毒性などの副作用が強いことでも知られていました。その難点をフォローする形で、日本の塩野義製薬が開発した薬がネダプラチンです。

適応となるがんとしては、頭頸部がんや非小細胞肺がん食道がん膀胱がん、睾丸腫瘍(精巣がん)、卵巣がん、子宮頸がん(子宮がん)などがあります。

ただしまだ十分な有用性が確認されていないことから、現在のところ標準治療として組み込まれているがんはほとんどないのが現状です。

シスプラチンの代わりとしての活用、もしくは子宮頸がんにおける「イリノテカン」との併用療法などが比較的よく知られています。

ネダプラチンの副作用

骨髄抑制

ネダプラチンは、シスプラチンの吐き気や腎毒性などの副作用を軽減させた薬ですが、代わりに骨髄抑制が強く出やすい薬でもあります。

白血球の減少による倦怠感や、好中球減少による発熱が見られた際には、すみやかに受診することが大切です。

またネダプラチンの場合、血小板の減少も高頻度で見られるため、出血症状には特に注意する必要があります。

さらに、シスプラチンほどではないにせよ腎毒性のリスクもあることから、投与後に1,000ml以上の輸液を行います。

他には、投与直後に吐き気や嘔吐、食欲低下などが起こりやすいほか、イリノテカンとの併用療法では下痢も見られます。その際は下痢止めを積極的に内服しながら、脱水症状に気をつけなくてはいけません。

参考文献

  1. 書籍 がん化学療法の薬-抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬・支持療法薬-はや調べノート2017・2018年版 (プロフェッショナルがんナーシング2017年別冊)
  2. 添付文書
  3. インタビューフォーム
  4. その他

がんとわかる前にがん保険を検討しよう!

がん保険はがんになってからでは加入できません。またがん保険は医療保険と違い、持病や既往歴があっても問題ないケースが多いのが特徴です。

がんになった際の治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの上位2社をご紹介しておきます。

チューリッヒ生命がん保険
メットライフガードエックス

1位:医師向け転職サービス

参照:医師の転活

  • Facebook シェア 0
  • はてなブックマーク はてブ 0
  • LINE 送る
  • Google+ 共有 0
関連記事

ページの1番上へ戻る